our blog

銀行のデジタルオンボーディングのプロセスにおけるEKYCの8つの利点

Author: Innotech Vietnam
Date: 14/07/2020

現在、私たちの生活のほぼすべての側面がテクノロジーに触れており、銀行も例外ではありません。銀行の顧客は、システムが従来の手動から高速でデジタル口座を開くように移行することを期待しています。これは重要です。なぜなら、新しい顧客を引き付けるプロセスは、集客、それに関係全体が前進する道を開く銀行の最初の機会であるからです。

銀行のデジタルオンボーディングのプロセスにはeKYCの8つの利点は以下に言及します 。

 

1. 瞬間的

 

eKYCサービスはオンラインで完全に自動化されています。 これは、手動の介入を必要とせずに、KYCデータがリアルタイムで転送できることを意味します。紙ベースのKYCプロセスの検証には数日から数週間かかることがありますけど、eKYCプロセスの検証と発行には数分しかかかりません。

 

2.失敗した集客の削減と新規顧客の集客

 

現在の銀行は、取得率を上げるというプレッシャーに直面しています。デジタルボーディングプロセスは、新しい顧客を惹きつけ、銀行との忠実な顧客とのエンゲージメントを共感させるための鍵です。デジタルバンキングレポート(2017)によると、新しい口座を開設する過程で満足度が低い人は43%を占めていることが分かります。理由は情報を複数回入力する必要があるため。その43%の人は銀行を確実に切り替えることができると回答しています。特にこのチャネルから別のチャネルに移動する場合、ほぼリアルタイムではなく、精度も高くありません。

 

8 Benefits Of eKYC In Digital Onboarding Process For Banks

 

したがって、eKYCは上記の制限を克服するための最適なソリューションの1つです。 銀行のオンボーディングプロセスは、使用するチャネルの数に関係なく、いつでも独自のプロセスになります。保証された情報はチャネル全体で更新および同期され、データにアクセスできる顧客がどこでも常に正確であることを保証します。

 

続きを読む:「ベトナムの高品質のオフショアITスタッフィング会社

 

3.詐欺を減らす

 

事実、銀行は常に不正行為による収益の損失に対処する必要に直面しています。特に、古いレガシーシステムの残党と連携しなければならない場合は、体系的なデジタル詐欺に効果的に対処する際に大きな課題に直面しています。

銀行取引がより多くのデジタルプラットフォームおよびモバイルプラットフォームに移行するにつれて、システムを利用するため、デジタルオンボーディングプロセスの詐欺が出現しています。 テクノロジーの進歩に伴い、銀行は、銀行のデジタルオンボーディングのプロセスでの詐欺と戦うために開発するリソースをますます多く持つことになります。例えば、eKYCなどです。

 

8 Benefits Of eKYC In Digital Onboarding Process For Banks

 

システムは、アカウントにログインする時点でユーザーを認証するだけでなく、継続的にアカウントを監視し、ユーザーが異常な動作をしていないことを確認します。継続的な認証がどのように機能するかを概念化する1つの方法は、「アカウント所有者がデバイスを使用しているのも確かであるかどうかを測定する」というスコアリングシステムを使用することです。 これらのテクノロジーには、OCR顔認識生体検知不正の検知が含まれます。この方法により、銀行はシステムのセキュリティを強化し、デジタルオンボーディングのプロセスの詐欺を減らすことができます。

 

4.顧客体験を向上させる

 

銀行では、オンボーディングは、銀行で期待できる顧客体験のタイプをユーザーに説明する最も直接的な方法です。 Signicatのレポートによると(2019)、消費者の40%は、銀行のオンボーディングのプロセスを放棄している傾向があることが分かります。原因は、必要な手順を完了するための時間が多い、または多すぎる個人情報を提供する必要があるためです。

 

8 Benefits Of eKYC In Digital Onboarding Process For Banks

 

さらに、eKYCのID検証を含む100%のオンラインオンボーディングのプロセスがより多くのアプリケーションを奨励するかどうかを尋ねられたとき、すべての回答者の55%が申請する可能性が高いと答えました。紙ベースのIDが必要ない場合、半分以上(52%)が追加のサービスを購入します。このレポートから、デジタルオンボーディングのプロセスにおけるeKYCが銀行の顧客体験の向上に役立つことが明らかになります。消費者はデジタルに移行して、自分の身元をオンラインで確認し、オンボーディングプロセスを加速したいと考えています。

 

5.銀行サービスへのより高速で柔軟なアクセス

 

現在、銀行の状況と習慣は変化している傾向があります。 eKYCプロセスは、支店での直接会議を解体しました。 銀行サービスプロバイダーは、生体認証を使用できるようになりました。

顧客の身元を確認するには、リモートからでも、ビデオ会議を使用します。 したがって、オンボーディングプロセスの実装にかかる時間が短縮され、顧客だけでなく銀行にとってもより便利になります。

 

6.革新的でオープンマインドな銀行として見られている

 

eKYCプロセスの革新は、金融除外リスクに対処するために重要です。 eKYCプロセスと要件の革新には、顧客と市民の特定と検証を容易にする進歩が伴い、それによって金融サービスへのアクセスと利用が容易になります。値の制限などの規制の調整や、電子ドキュメントと署名を使用したトランザクション(eKYC)の作成などの進捗状況です。これらの革新を適用することで、銀行は市場の競合他社と比較して大きな競争上の優位性を生み出すことができます。

 

7.紙の使用量とドキュメントの損失を減らす

 

EKYCは、ドキュメント管理の必要性を紙のドキュメントに置き換えるペーパーレスシステムです。 これにより、銀行や企業は環境に配慮し、クラウドベースのオンラインシステムを使用することで、二酸化炭素排出量を削減できます。地球を救うだけでなく、通常のKYCコンプライアンスに関連するコストの削減にも役立ちます。

さらに、eKYCシステムは、顧客データの保護とドキュメントの紛失の防止にも役立ちます。 これは、銀行で伝統的な方法で保管する必要があるドキュメントや紙の過負荷の問題を解決します。

 

続きを読む:「ベトナムにオフショア開発センターを建設する方法(A-Z)

 

8. 運用効率の向上

 

銀行は、利益を改善し、規制コンプライアンスを改善し、顧客体験を変革する強力な手段としてのデジタルテクノロジーの重要性を認識しています。

 

8 Benefits Of eKYC In Digital Onboarding Process For Banks

 

デジタルとeKYCをビジネスのプロセスワークフローに統合することで、スタッフの生産性が劇的に向上し、業界に大きな価値を生み出すことができます。 さらに、eKYCは、銀行の担当者がカスタマーサポートの手順をもっと迅速、効率的かつ正確に実行するのにも役立ちます。

eKYCを適用する際に銀行組織が得る利点を理解することは、マネージャーがデジタル変革ソリューションを実装するプロセスにおいてもっと良い研究と準備を行うのに役立ちます。

 

eKYCソリューションに同行するための信頼できるパートナーを探している場合、以下の理由からInnotech Japanが正確な選択です:

 

  • Innotech Japanのチームは、eKYCソリューション、およびACB、TymeBank、Unifimoneyなどのデジタル変革戦略のための銀行のインフラの再構築に関連するソリューションのコンサルティングの経験がありました。
  • eKYCソリューションは、安定性と高いセキュリティで使用されているコアバンキングシステムに設計および統合されています。
  • オンボーディング用のeKYCのデモが利用可能です。
  • 銀行と金融の経験があり、プロジェクトの進捗状況をタイムリーに満たすプログラミングチーム
  • プロジェクト管理のプロセスは安定して最適化されており、Innotech Japanとパートナー間で簡単に調整できます。

 

eKYCソリューションに関するアドバイスが必要な場合は、すぐに情報を残してください!

>>続きを読む: 「べトナムの銀行向けのEKYCソリューションのビデオ通話のプロバイダー」

 


 

Innotech Japan 常に最高品質の製品とサービスで顧客のニーズを満たすよう努めています。そのため、ACB、タイムバンク、ユニフィニー、マニュライフ、コモンウェルスバンクなどの大企業から、Innotech Japanが作成した製品を使用するという信頼を得ています。

 

あなたの会社にソリューションを提供するFintech Outsourcing会社を探しているなら。に関する質問については、イノテックベトナムの専門家にお問い合わせください Fintechソフトウェアアウトソーシング !

Eメール: info@innotech-vn.com