our blog

ベトナムで快適に生活するにはどのくらいのお金が必要ですか?

Author: Innotech Vietnam Coporation
Date: 11/08/2020

近年ベトナムに旅行したことがあったら、魅力的な場所である場合は、引退する時にベトナムに移動することを検討してください。実際、行ったことがない人でも、新しい家に選ぶことを考えるかもしれません。 ベトナムでは美しいビーチが有名で、驚くほど日本人にとって親しみやすいことも人気があります。

 

ベトナムでの生活費

 

International Living’s Global Retirement Indexによると 、毎年世界中の退職先をランク付けし、気候、医療、福利厚生、割引、生活費などの要素を測定します。 ベトナムは2019年のランキングで99を獲得しました。 カンボジアだけが安っかたです。

以前のインターナショナルリビングランキングによると、ほとんどの日本人居住者はベトナムで月額約9万円から13万円の生活を送ることができました。 いくつかの基本的な計算は、あなたが月額9万円で生活している場合、おそらくほとんどの退職者が繰り返し生活できる最低額であることを示しています。2120万円の普通預金口座は約20年間続きます(2120万円÷9万 = 235か月、または20年); 月額13万円(おそらくより安全な見積もり)で暮らし、貯蓄は14年間続きます(2120万円、13万円= 163か月、つまり13.5年)。

したがって、この基本的な例では、毎月の経費が何年にもわたってまったく同じであり、退職による貯蓄が投資によって増加しておらず、退職中に他の収入や支出(税負債)がないことを前提としています。

 

住みやすい場所

 

 

Expat Arrivalsによれば、ベトナムでは近代的なアパートが増えています。 これらの複合施設には通常、ランドリー設備、ジム、スイミングプールが含まれます。 このような1ベッドルームのアパートの賃貸料は、ホーチミン市(旧サイゴン)で1か月あたり900〜1300万ベトナムドン(VND)ですが、そのような場所はマンションとして購入することもできます。

不動産取引はオンサイトでよりよく交渉され、ウェブサイトExpatlifeは住宅検索でエージェントを1人だけ使用することを推奨しています。

「それらのほとんどは利用可能な宿泊施設の同じデータベースを使用するため、おそらく同じ場所を何度も何度も表示してしまい、時間とお金の両方を浪費することになります。 必要なプロパティのタイプが表示されない場合にのみ、エージェントの変更を検討してください。」

その他の費用については、住宅と同様に、価格は国中で異なります。 大都市では、特にそれらの都市の中心部では生活費が高くなり、都市の中心の外に移動するほど低くなります。 ただし、平均して、市内バスの料金は片道7,000 VNDで、ホーチミン市のタクシー費は1キロメートルあたり18,000 VNDです。

 

終わりに

 

誰かの寿命の不確実性により、ベトナムなどの生活費の安い国でも、(社会保障に加えて)2120万円だけでも、退職後もどこにいても十分かどうかを予測することは不可能があります。 しかし、定年中に海外で生活することは、一部の日本市民に彼らのお金でより良い生活の質を提供できることは間違いではありません。 退職金をさらに伸ばすことができます。

海外の退職地と同様に、最終決定を下す前にこの地域を複数回訪問し、観光客としてではなく、居住者の視点から国を見るようにしてください(この場合、おそらく1回の長い調査訪問で十分です)。 。 あなたがそこにいるときに外国人を探します。 彼らはあなた自身の見方と一致するかもしれない多くを発見したでしょう、そして彼らはおそらくその情報を喜んで共有するでしょう。

最後に、海外で退職する人の税金はかなり複雑になる可能性があります。 そのため、不動産計画の問題については資格のある弁護士と税務専門家と協力して、ベトナムへの移動が日本での税務にどのように影響するかを判断することを常にお勧めします。

 

ソース:INVESTOPEDIA

 


 

Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。
ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。
メール:[email protected]

Ask us any questions