our blog

ベトナムで日本の通りがある?

Author: Innotech Vietnam Coporation
Date: 17/08/2020

現在、世界のグローバル化の流れに伴い、多くの人が海外に出て新しい職場環境を作りたいと考えています。

 

それで、私たちの国には、さまざまな別々の地域があって、たくさんの名前で名前が付けられました。その中で、ほとんどは日本人です。したがって、ホーチミン市でのレ・タン・トン通りとハノイでのダオタン、リンラン、キンマという日本の通りになっています。

 

なぜ、日本人はホーチミン市でのレ・タン・トン通りが「Little Japan」と選びますか?

 

 

レ・タン・トン通りは800メトル未満で、数百の日本食レストランがあります。

 

日本から輸入した材料で使った料理と和風レストランの雰囲気のかげで、自国にいるような感じをもたらします。味はほぼ同じですが、価格は 日本での同じ料理の半分になっています。

 

 

外側と内側の空間は2つの反面を呼び起こす。それは 「open and close」と呼びます。外はうるさくて、にぎやかですが、中は静かです。

 

 

レ・タン・トン通りの終わりに、多くの日本人は生活しています。ほとんどのみんなは安定な仕事をしています。

 

いる日本人は「私のように低い収入がある人にとって、月家賃は500ドルはあまり安くないです。しかし、この所は非常に安全で便利です。 自宅から市内中心部まで歩くのはわずか5分でかかります。」と言いました。

 

ハノイの首都ではどうですか?

 

日本の通りについて話すと、ハノイの人々はすぐにキムマ通り、リンラン通り、ダオタン (バーデイン地区)を思い浮かべます。このところは長い時間で日本の通りと考えられています。

 

ヌイトラック通りには、ベトナムと日本文化の交流のセンターがあります。そのセンターでベトナム人は教えてもらいます。そして、多くの日本人はここに住んでいます。それに、日本大使館がリュージャイ通りにあって、ベトナムにビジネスや投資を行うたくさんの日本の企業がります。

 

日本の通りは非常に多様であり、ほとんどのレストラン、化粧品店、スーパーマーケットには日本の看板があり、主に日本の顧客にサービスを提供しています。キムマストリートは、ヴォイプック寺院からヌイトラックの交差点までキムマ、ゴックカーン、サンボーの3区にあり、人気のレストランから高級レストランまで、多くの日本食レストランがあります。

 

ハノイの人々はこの通りを歩いていると着物を着た女の人が玄関に立って、グストに日本語の文章で挨拶するのをよく知っています。

 

日本の街はベトナムの主要都市のユニークな部分となっており、ベトナム人に日本をもたらしています。伝統的な文化である日本は独特で、人類の精華がたくさんあります。

 

ソース:JAPO

 


 

Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japan では、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。
ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。
メール:[email protected]

Ask us any questions