our blog

ホーチミン市は外国人のために生きる価値があるトップ3の都市をランク付けた

Author: Innotech Vietnam Coporation
Date: 17/08/2020

インターナショナルは、2020年に住みやすくて、働き、友達になるのに最適な30の都市のリストを発表しました。このリストにあるホーチミン市は、シンガポールや他の多くの有名な都市より上位にランクされています。

 

 

外国人国際ネットワークのグローバルは、投票するために20,000人以上の人々を調査しました。年間で生活し、働き、友達になるのに世界で最高の都市をランク付けしました。

 

 

調査結果では世界の中で2020年に最適で移動して生活するトップ30の都市を選択しています。その中で、ホーチミン市は3位になって、理由はほとんどの外国人が市での生活費がかなり安いし家が探しやすいしなどと言いました。しかし、何人かの人々は汚い通りと悪い環境管理について文句を言いました。

 

 

ランキングのトップは、生活費がかなり安くて、豊富な食品で有名な台北市(中国、台湾)です。 調査した外国人はまた、台北の地元住民の親しみやすさ、生活費、医療の質、安全性、キャリアの見通しを高く評価しました。 都市生活の不便​​は、彼らが現地の言語(中国語)を学ぶのが難しいことです。

 

 

2位は首都クアラルンプール(マレーシア)に属しています。 街には多様な料理があり、独特の地元の文化があり、外国人は英語のみで簡単にコミュニケーションでき、生活費は安く、マレーシアからアジア中に旅行するのは簡単です。 しかし、インターナショナルによると、調査対象者は、ここにいる外国人の就職の見通しは非常に難しいと言っています。 マレーシアの政府は国内労働力を保護するために外国人に雇用制限を課しています。

 

 

ホーチミン市のすぐ後にあるアジアの有名な都市、シンガポールは4位です。 世界で最も安いミシュランの星を獲得したレストランまたは世界で最高のバーで、活気のある経済、有名な食べ物と飲み物を持っています。 外国人は都市で安全を感じ、シンガポールの政​​治的安定に満足していると言います。 しかし、高価な交通費と生活のバランスをとるのに苦労することは、ライオン島国に住む外国人が直面する問題です。

 

 

モントリオール(カナダ)は、仕事、生活費、および手頃な価格で上位にランクされ、インターナショナルのリストで5位にランクされています。 この北米の都市の欠点は、気候と地元の天気です。 尋ねられた人々のほぼ半分は不満でした、特に冬はここで長すぎて寒かったです。

 

 

他のいくつかのアジアの都市も、2020年に外国人にとって最も住みやすい都市のトップ30に入っています。例えば、東京(日本)が26位、バンコク(タイ)が20位でドーハ( カタール)とアブダビ(UAE)はそれぞれ12位と15位にランクされました。

 

ソース:Zingnews

 


 

Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。
ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japan の専門家にお問い合わせください。
メール:[email protected]

Ask us any questions