our blog

おそらく知らない5つのデジタルバンキングのメリット

Author: Innotech Vietnam
Date: 28/04/2020

テクノロジーは顧客の行動と銀行のビジネスモデルを変化させました。 あなたがおそらく知らないデジタルバンキングの利点を見てみましょう

銀行業界は長年にわたって飛躍的に変化しました。 約50年前に、顧客はよく、お金の引き出し、振込、商品情報の検索などのため、銀行の支店へ行かなければなりません。 現在、ほとんどの顧客は基本的な金融取引をオンラインで行うことのほうが好み、それでデジタルバンキングの人気をもたらしています。

 

1.業務効率

 

最新のテクノロジーを活用することで、デジタルバンキングは顧客との対話を改善し、顧客のニーズももっと迅速に提供します。 さらに、内部関数をもっと効率的にする方法も提供します。

主に紙の処理に依存している伝統的な銀行では、40%のエラー率も発生する可能性があり、これには手直しが必要です。 検証プロセスを簡素化することにより、ビジネスソフトウェアを使用してテクノロジソリューションを実装することが容易になり、それでもっと正確な会計につながります。 銀行が政府の規制に従うように、財務の正確さが重要です。

eKYC make verification process easily eKYCはフィンテックで検証プロセスを簡単にします

 

これにより、顧客がスマートフォンを使用してドキュメントを載せられるようになります。そして、抽出されたデータは銀行のシステムで自動的に処理されて、更新されるため、時間と面倒を省くします。

 

2.コスト削減

 

デジタルバンキングのメリットの1つは、コスト削減です。 それは余剰人員を置き換える自動化されたアプリケーションです。 人と紙に依存すると、オフィスス空間も塞ぐされ、エネルギーとストレージのコストもかかります。 将来、デジタルプラットフォームは、定性データの相乗効果と市場の変化へのより迅速な対応により、コストを削減できます。 人間をロボアシスタントに、支店をデジタルインフラに、紙の文書を電子ファイルに置き換えます。 基本的に、この新しいアプローチの結果は、最適化されたコストとより高い利益の構造です。

 

続きを読む:「ベトナムの高品質のオフショアITスタッフィング会社

 

3. 年中無休のバンキング

 

デジタル化により、顧客はいつでもアカウントにアクセスでき、最も単純な取引のために行列する必要がなくなります。 デジタルバンキングはモバイルアプリを通じて、バンキングのサービスはいつでもどこからでもできるようになって、お客様経験が向上されますデジタルバンキング台頭により、ライブチャットや共同閲覧などのリアルタイムの顧客サポートチャネルが導入され、銀行部門での顧客サービスも改善されました。これは、クエリの解決に非常に効果的です。

 

Chatbot makes it more convenient for users to be able to resolve issues immediately. チャットボットを使用すると、ユーザーが問題をすぐに解決できるようになります

 

現在の最も魅力的なオンラインデジタルバンキングのメリットの1つは、「スマートボット」を通じて、パーソナライズされたリアルタイムのカスタマーサービスの提供です。 スマートボットは人工知能(AI)システムで機械学習、予測分析、認知コミュニケーションを使用して実際の人間をエミュレートします

 

 

4.パーソナライゼーションの向上

 

顧客は数字のように扱われることを望んでいませんが、経験価値を加えるカスタマイズサービスを期待しています。 デジタルバンキングのメリットから、AIはデータを収集、分析し、将来のユーザーの行動を予測するために使用されます。

お客様経験をパーソナライズするもう1つのアイデアは、顧客の音声検索というテクノロジーを実施することです。 多くの銀行のお客様は、AmazonのAlexaという音声アシスタントを使用して、口座残高やクレジットカードの明細を確認しています。 自然言語処理(NLP)の分野での新しい開発により、将来デジタルアシスタントは自動車保険の更新のような複雑なタスクも解決する可能性があります。

 

5.セキュリティの強化

 

あらゆる規模の企業が、名声を損なう可能性のあるサイバー脅威の増加に直面しています。 2019年2月には内国歳入庁ハッキングされ、深刻な結果を招いたと発表しました。

 

The Internal Revenue Service was threatened by hackers 2019年2月、内国歳入庁はハッカーに脅されました

 

分散システムは、安全なデジタルバンキングの未来を綴ります。 最近、Mastercardは、ユーザーの支払い資格情報を検証するために、ブロックチェーンネットワーク上でクレジットカードを配置することについて特許を申請しました。このシステムをPOS(販売時点管理)デバイスと統合することにより、ユーザーがカードを物理的に提示する必要がないため、支払いを保護でき、データが支払いデバイスからスキムされるリスクを排除できます。 同様に、将来を見据える銀行は、デジタルバンキングを誰にとっても便利で安全なものにするために、ブロックチェーンのさまざまなユースケースをテストしています。

 

続きを読む:「ベトナムにオフショア開発センターを建設する方法(A-Z)


 

Innotech Japanは常に、最高品質の製品とサービスでお客様のニーズを満たすよう努めています。 そのため、ACB、タイムバンク、ユニフィニー、マニュライフ、コモンウェルスバンクなどの大企業から、Innotech Japanが作成した製品を使用するという信頼を得ています。

 

あなたの会社にソリューションを提供するFintech Outsourcing会社を探しているなら。 Fintechソフトウェアアウトソーシングに関するご質問は、イノテックベトナムの専門家にお問い合わせください。

電子メール:info@innotech-vn.com