our blog

EKYC-デジタルID検証-銀行の課題

Author: Innotech Vietnam
Date: 14/07/2020

オンボーディング用のeKYCソリューションの実装プロセスでベトナムの銀行が直面する課題ですが、 それでは、詳しく分析してみましょう!

 

2020年5月にドラフトに関するベトナム国家銀行からの情報によりキャッシュレスの銀行口座開設が可能になります。そのことにより、ベトナムの銀行機関にとって、eKYCデジタルID検証は検索キーワードになります。eKYCを導入する場合に銀行が遭う課題をInnotech Japanと一緒に分析しましょう の:

 

1. eKYCについて研究する過程とデジタルバンキングのアカウントを開設するプロセスに戸惑うこと

 

 

 Opening an online bank account helps improve the customer experience ンライン銀行口座を開設すると、顧客体験の向上に役立ちま

 

事実は、展開されている外国の銀行からデジタル口座を開くプロセスを見つけて参照するのは簡単です。ただし、銀行のテクノロジーマネージャーやプロダクトマネージャーが、これらのテクノロジーを独自の既存の銀行システムに統合しますけど、リスクを最小限に抑え、セキュリティを最大限に高める方法を知るのは容易ではありません。さらに、eKYCはオンボードプロセスだけでなく、銀行で後続の製品およびサービスパッケージを登録するプロセスにも展開されます。それでは、銀行システムのプロセスと構造をスムーズかつ自動的に運用するにはどうすればよいでしょうか。この問題は、銀行がビジネスとテクノロジーの両方に精通したチームを所有している場合だけ解決できます。

 

続きを読む:「ベトナムの高品質のオフショアITスタッフィング会社

 

2.内部スタッフは新しいテクノロジーやプラットフォームの知識が不足していること

 

eKYCアプリのテクノロジーに精通したチームがいない場合、組織は多くのプレッシャーにされます。これは、ソリューションの開発に投資する過程でリソースの浪費と莫大な損失につながります。特に、悪い顧客体験はブランドの評判を悪化させます。

 

3.ベトナムの銀行が調査および最適化するためのeKYCに関するケーススタディはほとんどないこと

 

 

In Vietnam, there are very few eKYC case studies for banks to research and optimize トナムでは、銀行が調査および最適化するためのeKYCケーススタディはほとんどありませ

 

銀行が顧客のデジタル決済口座を開設するための草案は2020年5月に引き上げられたばかりなので、ベトナムではほとんどの銀行がeKYCを迅速に実装していません。したがって、これは銀行が市場の先駆者を利用する機会であるだけでなく、課題でもあります。情報がほとんどないためにベトナム市場での運用リスクを予測することが難しいためです。

 

4.信頼できるパートナーを見つけて選択するのが難しいこと

 

ベトナムでは、銀行はパートナーを選択するための次の基準を持っています:

  • 外国のパートナーの場合は、eKYCソリューションの統合とコンサルティングを専門とする会社でも、OCR、顔照合、ライブネス検出、不正検出などのテクノロジーソリューションを提供する唯一のユニットでもかまいません。ただし、このグループでは 、法律はベトナム国家銀行の規制および国内市場における専門知識と一致していることに注意するべきです。
  • 国内のパートナーについては、銀行業務に精通しており、インフラシステムの再構築と安全で安定したデータストレージプランについてアドバイスできるパートナーを選択することをお勧めします。 現在、多くのパートナーがeKYCソリューションを宣伝していますが、ソリューションの詳細な議論に基づいて評価し、問題の処理方法を確認して、パートナーを選択するべきです。

 

5.新しい技術運用に対応するための内部プロセスの再設計

 

伝統的なプロセスから完全に自動化されたプロセスに変換する場合、銀行は人事改革とスタッフのアップグレードに直面する必要があります。この変換プロセスでは、組織の文化を根本的に変える可能性があり、企業がテクノロジーにアクセスして迅速かつ包括的に対応する必要があります。 これらの変更に備えてください。

 

続きを読む:「ベトナムにオフショア開発センターを建設する方法(A-Z)

 

6.インフラの変換とストレージシステムの構築は非常に高価のこと

 

The cost of investing in data storages facility will be very expensive ータストレージ施設への投資コストは非常に高いで

 

特に銀行業界では、顧客の情報の機密性、ハッカーや金融犯罪者の侵入を防ぐためのシステムセキュリティを常に懸念しているため、数値を変換したい場合、銀行は顧客の情報とデータのストアに投資する必要があります。多数のユーザーとインフラへの投資は非常に高価です。

 

7.オンボーディングプロセスにeKYCを適用できる「公式」時間を予測することはできないこと。

 

デジタル銀行口座を開設する必要性は明白です。 しかし、ベトナム国立銀行には、EKYCによるデジタルID検証、特に電子署名に関する規制に関する具体的な規定がありません。そのため、銀行は現在、eKYCソリューションの開発に向けて「すべての桶は底を地につけて立たねばならない」必要があります 。 リスクは、銀行がステートバンクの規制に準拠するために「やり直す」ことができるeKYCプロセスでプログラミングを開始したことです。

eKYCを適用する際に銀行組織が直面する課題を理解することは、管理者がデジタル変革ソリューションの実装プロセスをよく研究し、準備するのに役立ちます。

eKYCソリューションに同行するための信頼できるパートナーを探している場合、以下の理由からInnotech Japanが正確な選択です:

  • Innotech Japanのチームは、eKYCソリューション、およびACB、TymeBank、Unifimoneyなどのデジタル変革戦略のための銀行のインフラの再構築に関連するソリューションのコンサルティングの経験がありました。
  • eKYCソリューションは、安定性と高いセキュリティで使用されているコアバンキングシステムに設計および統合されています。
  • オンボーディング用のeKYCのデモが利用可能です。
  • 銀行と金融の経験があり、プロジェクトの進捗状況をタイムリーに満たすプログラミングチーム
  • プロジェクト管理のプロセスは安定して最適化されており、Innotech Japanとパートナー間で簡単に調整できます。

eKYCソリューションに関するアドバイスが必要な場合は、すぐに情報を残してください!

 


 

Innotech Japan 常に最高品質の製品とサービスで顧客のニーズを満たすよう努めています。そのため、ACB、タイムバンク、ユニフィニー、マニュライフ、コモンウェルスバンクなどの大企業から、Innotech Japanが作成した製品を使用するという信頼を得ています。

 

あなたの会社にソリューションを提供するFintech Outsourcing会社を探しているなら。に関する質問については、イノテックベトナムの専門家にお問い合わせください Fintechソフトウェアアウトソーシング !

Eメール: info@innotech-vn.com