our blog

ベトナムと日本の文化の共通点

Author: Innotech Vietnam Coporation
Date: 17/08/2020

それぞれの国は別の文化があります。それは、衣装、美食、居住、数え切れないほどの様々な特別な特徴のです。しかし、別の文化に加えて、ベトナムと日本の国々の間で伝統的な文化の共通点遭遇することもあると言えます。

 

 

衣装

 

ベトナム人と日本人の伝統的な衣装は、基本的に素材と織りの方法が同じであることを知っている人はほとんどいないかもしれません。2つの国の伝統的な衣装で使用される主な素材は、シルク、ブロケード、綿、繊維、リネンで、青、赤、ピンク、紫、茶色、黒などが使われています。

ベトナムと日本の衣装の色の概念は中国からの影響を受けています。中国は、白、黒の色などの色の意味を区別するのに最も明白です 儀式の場合、幸福を表する赤い色。

 

美食

 

ベトナムと日本の文化の共通点について、飲食はこの記事で表せたい二番目の要素です。現在には、伝統的な食事はまだベトナム人と日本人の家族の95%に残っています。

しかし、一部の大都市では、二つの国における西洋飲食文化の要素の渡来は、家族の食事に現れ始めました。これは、日本とベトナムにおける西洋文明の渡来を具体的に示したものです。

 

崇拝

 

日本人のように、ベトナム人の祖先崇拝という習慣は長い歴史を持つ、中国の儒教の思想に影響を受けます。人々は祖先を崇拝して、死亡した日に従え、命日を行います。故人は家の最も荘厳な場所に置かれた先祖祭壇に崇拝されます。普通は、長男が祖先崇拝の責任を与えられた人です。

現在、この習慣は多少変化する傾向がありますが、祖先崇拝を維持するのは続いています。それは故人への子どもたちと生きている人の孝敬を表す行為です。

 

 

祭り

 

祭りはベトナムと日本の風習や信仰に関係があります。多くの違い点がある一方、一般的に両国の祭りは季節に従って行われます。民俗儀式はイベントを記念する目標として開催されます。このお祭りは、各国の風習に結びつくことが多いです。しかし、中国文化の影響が大きいため、両国では同じような休日があるけど、別の習慣があります。例えば、子供の日、韓国の正月、七夕、労働者の日、元旦など。

 

 

教育

 

以前、ベトナムと日本の伝統的な教育システムはすべて中国の教育のモデルに従っていました。ベトナムが歴史の中で長い間中国の中国封建によって支配されていたため、中国から強い影響を受けています。一方、日本の発展と建設のために、日本では奈良時代に封建国が最初の留学生グループを中国に派遣ししました。従って、日本もベトナムも、教育が中国から強い影響を受けています。

 

 

伝統工芸

 

多くの国に陶器、漆器、絹、竹、籐などの伝統工芸があります。 人々は勤勉で熟練しているため、両国の伝統的な工芸品は非常に洗練されていて美しいです。

ベトナムなら陶器の村バッチャンやチャム族の伝統陶芸があります。日本の京都には伝説の陶器製造村があります。

 

 

近年、ベトナムと日本の経済・文化関係はますます緊密になっています。 その関係がどんどん良くなるためには、二つの国の文化的な共通点を理解する必要があります。 うまくいけば、以上の記事を通じて、読者は現在の状況での文化におけるベトナムと日本の共通点を知ることができます。

 

出典&総合:Dgnozomi


Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。

 

ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。

メール:info@innotech-vn.com