our blog

デジタルバンキングの規制は、2020年に増加するか減少するか?

Author: Innotech Vietnam
Date: 06/05/2020

2020年にデジタルバンキング規制は増減しますか現在のいくつかのデジタルバンキングの規制を見てみましょう。

 

デジタルバンキング規制

 

市場は急速に変化しており、技術の進歩は想像を絶するものです。 変革の波銀行セクターを席巻しています。 新しいテクノロジーは、顧客と銀行との関わり方を基本的に改革し、効率の向上、コストの削減、顧客体験の向上という最終目標を掲げています。

最近の調査では、デジタルトランスフォーメーションが銀行にサービスを低コストで提供するチャンスを与えていることが示唆されています。 例えば、クライアントオンボーディングのような手動で集中するプロセスを自動化すると、速度が向上し、エラーの頻度が低くなります。 銀行は新しい機会を模索するだけでなく、リスクに直面しなければなりません。それに、リスクには規制が必要です。

デジタルバンキングの規制は、消費者と銀行を保護するために不可欠です。 規制遵守は、罰金や法的制裁を回避するだけでなく、ブランドの評判を確保するためにも重要です。 現在、銀行が考慮しなければならない多くの問題があります。 新・消費者法からサイバー攻撃や機密データの保護まで、銀行は新しい問題を理解し、デジタルバンキングの規制を遵守することが不可欠です。

 

KYC & AML

 

アカウントの本当の所有権と資金源を銀行から隠すことができます。 銀行口座を開いて、黒い取引のため、偽の身分証明書とシェル・カンパニーがよく使用されます。

銀行が不審な活動の報告を送られず、それにマネーロンダリングを阻止するための適切な措置を講じられなかった場合、銀行は厳しい訴追と莫大な罰金の対象となります。 これが、銀行がマネーロンダリング防止の規則を遵守するために、数十億ドルを費やしている理由です。

Ongoing KYC and AML screening should be ensured to continuously monitor the customer and business accounts with new verification strategies and reduce financial crimes.進行中のKYCおよびAMLスクリーニングは継続的に監視することを保証する必要があります

 

伝統的な銀行で口座を開くと、顧客は実際の支店に行って、コンサルタントによって登録されます。対面インタラクションは、銀行に顧客の真のアイデンティティを確立させます。 デジタルバンキングでは、もっと多くの努力を払い、規制に遵守する必要があります。なぜなら、このプロセスはオンラインで行われているため、顧客は自分のアイデンティティについて嘘をつく機会が増えるからです。

国境を越えた問題

 

普通は、銀行には国境を越える課題がたくさんあります。 自国の管轄区域から他の国にサービスや製品を提供するデジタル銀行は、ホスト国の規則に遵守する必要があります。 いくつかの注目度の高い事例が示しているように、クロスボーダーの金融サービスに関連する法的リスクと評判リスクは近年大幅に増加する傾向があります。

準拠するものを定義するために、銀行は、ライセンス制度(どのサービスが提供される可能性がありますか)、分配規則(特定の投資商品に関する要件)、およびクライアント適合性規則(サービスと商品がクライアントリスクプロファイルに沿っているか?)を確認する必要があります。 

通常の銀行免許とは異なり、電子マネー発行者の免許を持つ人は、預金者の資金で何ができるかに制限があります。 この制限は、新興のデジタルバンキングセクターの発展に対する反競争的かつ逆効果的なものと見られています。

顧客データ

 

現在、注意しなければならないデジタルバンキングに向ける規制の1つは、機密データを保護する責任があることです。 デジタルバンキングは、特別な処理を必要とする多くの財務情報や個人を特定できる情報に責任があります。

PCI-DSS、SOX、GDPRなどのフレームワークは、金融機関や銀行が顧客に守っている機密データを保護するための特定の処理、ストレージ、およびセキュリティプラクティスを要求するデジタルバンキング規制を設定します。 デジタルバンキングサービスの規制は、データのプライバシーとセキュリティを中心に設計されており、顧客データを安全に保ちます。 規制に対するコンプライアンスは、消費者のデータを保護し、データが悪用されないようにするのに役立ちます。

 

GDPRはプライバシー法を更新し、最近の技術開発を説明します

サイバーセキュリティ

 

デジタル銀行は、多くの貴重なデータを保持していることから、機関のサイバー攻撃の主要なターゲットとなります。 新しい規制では、規制基準、技術、およびガイダンスを導入することにより、これらの攻撃を削減しようとしています。 デジタルバンキング規制へのコンプライアンスは、包括的なリスク評価の計画と戦略から始まります。このことにより、デジタル資産を保護し、サイバー攻撃への対応を改善し、詐欺を検出し、データ侵害のリスクを減少します。

 

A host of new and evolving cybersecurity threats has the information security industry on high alert

サイバーセキュリティは、グローバル市場向けのテクノロジーのホットなトピックであり続けています

 


Innotech Japan は常に最高品質の製品とサービスで顧客のニーズを満たすよう努めています。そのため、ACB、タイムバンク、ユニフィニー、マニュライフ、コモンウェルスバンクなどの大企業から、Innotech Japanが作成した製品を使用するという信頼を得ています。

 

あなたの会社にソリューションを提供するFintech Outsourcing会社を探しているなら。に関する質問については、イノテックベトナムの専門家にお問い合わせください Fintechソフトウェアアウトソーシング !

Eメール: info@innotech-vn.com