ベトナムで働くには?ベトナム就職を目指す日本人向け情報まとめ

ベトナムで働く魅力     経済成長が目覚ましい   ベトナムでの仕事を考えている人の中には「日本とは違う環境で働きたい!」と思っている方もいるのではないでしょうか?その期待通り、ベトナムは日本とは全く違う「刺激的な環境」です。 この20年の間に、ベトナムの1人当たりのGDPは約20倍にも伸びています。ベトナムは経済成長が目覚ましい国でもあり、今後ますます経済が発展していく可能性を秘めています。市場の成長によって、企業の業務拡大なども大いに期待できます。 そんなベトナムで働くことは、成長のエネルギーを肌で感じながら国が発展していく様子を目撃できる、めったにない機会と言えるでしょう。   比較的治安が良い   勢いにあふれる国だということ以外にも、食の豊かさや旧市街の街並みの美しさ、観光スポットの多さなど、ベトナムの魅力はたくさんあります。 しかし何と言っても、親日国で治安が比較的よいことは働く上で大きな安心材料と言えるでしょう。 他にも、特に北部のベトナム語は学習しやすいこと、四季を楽しめることなども、ベトナムを働く地として選ぶ大きな理由となるはず。 ただし、あまりにも湿度が高いこと、曇りや雨の日が多いことなど、メリットばかりではないことも書き添えておきます。   ベトナムで働く日本人の多い地域   ハノイ   ベトナムの首都。ホーチミンに比べると若干、経済発展が遅れています。これからの発展を期待でき、働きながらその経済成長を感じられる地域です。   ホーチミン   経済の中心地ホーチミンがあるベトナム南部では地震も台風もなく、テロに関しても2018年1月現在までには問題ありません。 仕事・生活をする上での障害はなく、特にホーチミンのレタントン通りは日本人街として知られています。   ベトナムで働く方法     現地採用で就職する   ベトナムで就職する方法のひとつが現地採用です。現地採用とは、日本企業の現地の子会社や、ベトナム人を社長とする現地法人と、直接雇用契約を結ぶことです。 日本から履歴書などを送って採用が決まる場合と、ベトナムで会社訪問をして採用が決まる場合があります。現地採用の場合、現地の物価をベースに給与が決定されますので、日本にいるときよりも所得が少なくなる傾向があります。 現地採用で就職する場合の仕事内容は、日本語に関わるものがメインとなります。たとえば、日本企業のベトナム進出を支援する、ベトナム人に日本語を教える、日本料理を作るなどです。   日系企業の駐在員になる   日本の企業に雇用されている人が海外に派遣される(赴任する)場合、日系企業駐在員と呼ばれます。日系企業駐在員になるかどうかは、自分で決めることはできません。どこの国に派遣するのか、どれくらいのあいだ滞在するのか、すべて企業が決定します。 ベトナムには、日系企業の工場が多数進出しています。そのため、製造業の工場のマネジメントのために駐在員として派遣されている人が目立ちます。 また、商品の販路拡大のための営業拠点となる海外事務所の所長や所員も増えてきました。流通・電力関係などに参加している商社などが狙い目です。また、最近は日本人向けの賃貸物件を扱う不動産関係の会社も増えているので、日本人の求人も見かけます。 ベトナムに飲食店や小売店を複数出店するとき、それを統括する本部に駐在員として派遣されることもあります。     インターンシップをする                     […]

ByInnotech Vietnam Aug 18, 2020
ベトナムから日本へ。ブリッジSEとしてふたつの国をつなぐエンジニア

  エンジニアの中には、オフショア開発などで海外のエンジニアと一緒に仕事をしたことがあるという人も多いだろう。ますますボーダレスになる開発の世界では、日本で働く外国人エンジニアも増えつつある。今回は株式会社grooo(東京)でブリッジSEとして活躍する、ベトナム人エンジニアヴォ氏にインタビュー。母国から遠く離れた日本で働くことになったきっかけとはなんだったのだろうか。懐かしいゲームタイトルが挙がった、ヴォ氏の学生時代のエピソードに共感する日本人エンジニアも多いのでは?   ハノイ工科大学のHEDSPIプログラムを経て、日本で働くITエンジニアに   現在、25歳のヴォ氏は、東京・恵比寿に本社がある株式会社groooでITエンジニアとして活躍している。ここでの主な仕事は、ベトナムにあるgrooo Internationalの開発チームと東京とのブリッジ役だ。そのほかにもサーバーエンジニアやシステム設計でヴォ氏自らも開発に携わりながら、常時5つほどのプロジェクトを担当している。   ヴォ氏はベトナム中部に位置する、ゲアン省の出身だ。首都にあるハノイ工科大学(ベトナム最初の技術系国立大学)ではICT(Information and Communication Technology)を専攻し、ベトナムと日本が共同で実施するIT 技術者の養成プロジェクト「HEDSPI」に参加した。HEDSPIはハノイ工科大学・日本文部科学省(MEXT)・国際協力機構(JICA)3者の協力で設立され、ベトナムと各先進国(特に日本)の架け橋となるブリッジSEの育成を目標とし、専門知識だけでなく日本語教育にも力を入れたカリキュラムとなっている。HEDSPIの卒業生は、日本と関連があるベトナムのIT企業か、日本のIT企業に勤めるケースが多い。   HEDSPIを修了したヴォ氏は、モバイルゲームの開発会社に就職が決まった。2015年2月に来日し、最初の3か月は研修期間でテトリスを作った。その後、モバイルゲームエンジニア、サーバーエンジニアとしてチームに配属となり、様々なゲームタイトルに携わった。こちらにはヴォ氏のような外国人エンジニアが多かったという。現場ではC++、Scalaを使っていた。来日してから2年ほど、こちらの会社で働いた。その後、現在の株式会社groooに移った。   兄が自作したPC/AT互換機で、ゲームに夢中になった高校生時代   ところでヴォ氏がエンジニアの道を選んだきっかけはなんだったのだろうか。PCとの出会いについて聞いた。   「2005年の頃、高校生だった僕は、毎月発売されるゲーム雑誌にはまっていました。付録のCD-ROMから、自分のPCにゲームをインストールして遊ぶのが楽しかったんです。使っていたPCは兄が自作したPC/AT互換機で、OSはWindowsでした。当時、僕の町にあったPCは兄のものを入れて5台。インターネットはまだなかったので、PCにひたすらゲームをインストールして遊んでいました。今と違って情報が少ない時代でしたが、それが却って興味を掻き立てていたと思います」とヴォ氏は当時を笑顔で振り返る。   当時ヴォ氏が夢中になったゲームは「ディアブロ」「Red Alert」「FIFA」などだった。「ゲームはみな英語でした。英語がわからないと遊べない、そう思って一所懸命英語の勉強をしていました」と語るヴォ氏。きれいな日本語で話すヴォ氏だが、さらに英語のほうが得意だという。   品質に対する意識が異なる日本とベトナム。プロジェクトを成功させるヒントとは?   モバイルゲーム開発会社で活躍していたヴォ氏だったが、3年目を迎える前に新しい挑戦を決意。PCの画面だけをみて黙々と開発を進める仕事ではなく、もっと広い世界をみてみたくなった。転職活動を始めたヴォ氏は、大企業を含む様々な企業と面談を重ね、現在の株式会社groooを選んだ。   「ここならいろいろなことをやれる、いろいろな場面で自分が役に立てるかもしれないと思いました。仕事が多そうなのも転職を決めた大きな理由です。というのもモバイルゲーム開発会社にいたときは、暇な時間があったんですね。暇でいいじゃないかと思われそうですが、仕事を通して毎日スキルアップしたい僕にとって、暇な時間は本当につらかったんです」と当時を振り返る。   現在はブリッジSEとして活躍するヴォ氏に、仕事について聞いた。「日本は開発スピードはゆっくりだけれど、その分きちんと仕上げる。ベトナムは仕上がるのはものすごく早いんですが、あとで問題が発生することが多いんです。ベトナムと日本では品質への意識が違うなと思いました。品質を大切にする日本式の開発を、ベトナム人エンジニアは面倒だと思うこともあると思います。そのためベトナムのエンジニアをマネジメントする際は、時間だけでなく品質の大切さについて説明しています。最近では現地の若いエンジニアを中心に、だんだん日本式への理解が進んできたと感じています」とヴォ氏は語る。国が違えば文化も変わる。「当たり前が違う」ことに対して、お互いにリスペクトすることがプロジェクトを成功させる鍵だとヴォ氏は言う。   いつか自分が得意なITの分野で、人を育てる仕事をしたい   「毎日自分をアップデートすること」を理念にしているヴォ氏は、毎日寝る前に今日学んだことを振り返る。「仕事でも新しい技術でも、なにか新しく身についたものがあるか、ベッドに入ったときにチェックするんです。なにもなかった日はへこんでしまいます」。日々のアップデートを自分に課しているヴォ氏のいまの目標は、AWS認定の上級取得だ。   日本で活躍するヴォ氏だが、将来は母国のベトナムに戻り、IT技術を教える教育事業を立ち上げたいと語る。「まだまだ日本でがんばりたいと思いますが、いまから5~10年くらい経ったら、ベトナムに戻りたいと考えています。もともと人をサポートするのが好きなので、自分が得意なITの分野で人を育てる仕事ができたらいいなと思っています」。   プロフィール   Võ Phi Hùng(ヴォ・フィ・フン) ベトナムゲアン省出身。ハノイ工科大学のHEDSPIを卒業後、来日。現在株式会社groooでブリッジSEとして、ベトナムと日本の架け橋となっている。日本の食べ物で好きなものは鮨と刺身。趣味はサッカー、オンラインゲーム、コーディング。   ソース:SHIFT     Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。 […]

ByInnotech Vietnam Aug 18, 2020
【ベトナムオフショア開発】ブリッジSEの重要な役割について

オフショア開発において、ブリッジSEはどのような仕事を行なっているでしょうか?   本記事では、ブリッジSEの全体像について解説します。 オフショア開発国の中でも注目されているベトナムのオフショア開発の注意点や費用・他の国との比較については「【保存版】ベトナムのオフショア開発まとめ~メリットデメリット・費用・会社選び~」で解説しています。 目次 [非表示] 1.オフショア開発のブリッジSE(以下BrSE)とは? 2. なぜオフショア開発でBrSEが必要? 3. オフショア開発のBrSEの仕事内容とは? 4. オフショア開発でBrSEに求められるスキルとは? 5.オフショア開発で実施中の困難や苦労は? 6. まとめ 7. 国内エンジニアは高いし、開発を遅らせたくない。そんなあなたへ   1.オフショア開発のブリッジSE(以下BrSE)とは?   BrSEとはその名前の通りに、日本側の企業とオフショア開発先の企業の「橋渡し」であり、両方を繋ぐ担当者といいます。   2.なぜオフショア開発でBrSEが必要?   オフショア開発のような国際的なチームで開発を進める場合、それぞれの国の文化、言葉、時差、価値観などの違いから、お互いを知らずに仕事を進めてしまうと、プロジェクトの進捗や品質などに大きな影響を与えることもあります。 そのため、お互いの情報の橋渡しを行う人が必要になります。この役割を担うのがBrSEなのです。     3.オフショア開発のBrSEの仕事内容とは? 発注者の案件対し、          プロジェクトの計画の立案          仕様書の徹底理解・展開          プロジェクトの進捗状況・リスク管理 納品の期間・品質の管理などが挙げられます。 つまり、日本側の発注者と現地オフショア開発チームとの間に立ち、様々な面でのプロジェクト管理を担うということです。   4.オフショア開発でBrSEに求められるスキルとは?   BrSEには、一般的なSEより様々なスキルが求められます。 ・技術・開発の全般に関する知識:開発する際に、SEとしての技術や開発関係の知識は 必須です。BrSEが技術を詳しく理解していなければ、発注者とチームに情報伝達ができず、スムーズに仕事ができないと思われます。 ・コミュニケーション能力:日本側発注者とのやりとりを行う為、日本語能力は必須です。それに加えて、高いコミュニケーション能力も重要となっています。両方の要求や希望などを正確に伝えることが求められ、また、両国の文化や国民性を深く理解する意欲と行動力が必要となります。 ・マネジメント力:計画の通りに仕事の進めるための調整、プロジェクトの進捗や品納 期を管理も、BrSEの大切なスキルの1つです。なので、管理の経験があれば、プロジェクトを進めやすいでしょう。 それ以外にも、根気強さ、ビジネス分析・交渉の能力、柔軟性なども重要だと言えます。   5.オフショア開発で実施中の困難や苦労は? […]

ByInnotech Vietnam Aug 18, 2020
ベトナム就職・転職完全ガイド

本記事では、ベトナムで働きたいという方にお役立ていただける、ベトナム就職・転職情報をお届けします。   ベトナム国内の就職状況   ベトナム人の平均年齢は30歳、人口は20~34歳の層が最も多く、若手労働者を中心とした社会構造になっていることは、日本との大きな違いです。ベトナムで就職する際には、若手スタッフが同僚または管理・マネジメント対象となることを留意しておきましょう。   また、日系企業で働くベトナム人は、ローカル企業よりも高待遇な雇用条件や整った職場環境、ジョブホッピングなどを目的に就職しています。一流企業やハイクラスなポジションともなれば、現地の大学ランキング上位の卒業者など、優秀な人材とともに働く機会もあります。 勢いのある若手人材と切磋琢磨できる環境は、日本人にとって刺激的かつ新たな成長の機会を与えてくれるのではないでしょうか。   ベトナムでの就職方法   ベトナムで日本人が就職するには、代表的な以下5つの方法があります。   – ベトナム現地に拠点を構える日系転職エージェントを利用 ベトナムには数多くの日系転職エージェントが進出しており、大手日系企業などの現地採用求人を取り扱っています。対面はもちろん、メールやSkypeなどのオンライン相談を通じてベトナム在住の日本人キャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。   – ベトナム求人を掲載している求人情報サイトを利用   求人情報サイトを通じて募集をかけている企業も多くあります。応募者はサイトに自身の経歴を登録し、希望する求人に応募します。採用担当者と直接コミュニケーションを取りながら、面接対策や給与・条件交渉などを自ら行っていきます。   – ベトナムに現地入りして仕事を探す   上記の方法や企業のWebサイトから直接求人に応募し、現地で選考を進めることも可能です。渡航費はかかりますが、採用側と直接顔合わせができるため、ベトナム就職への本気度が伝わるのではないでしょうか。   – ベトナム在住の日本人を通じて仕事を紹介してもらう   日本人在住者が多いベトナムでは、現地在住の知人を通じて仕事を見つける人も多いです。FacebookなどのSNSや、日本人コミュニティを活用して在住者と知り合うことも可能です。   – 海外駐在員としてベトナム拠点に勤務する   すでに日本で勤務している企業から、海外駐在員としてベトナムに赴任する人もいます。現地採用よりも好待遇な条件であるケースが多いものの、赴任先のエリアや滞在期間、業務内容などは全て会社の一存で決まることがほとんどです。   ベトナム就職者の主な勤務地   ベトナムに就職する日本人の多くは、主要都市やその近郊にある工業団地、稀に地方都市などに勤務しています。代表的なエリアは次の4か所です。   – ハノイ   政治の中枢機能が集まる首都ハノイには、ローカル企業のヘッドオフィスや外資系企業の駐在事務所などがあります。一方で、風情漂う旧市街などの街並みも残っており、ベトナムの伝統文化を感じながら、落ち着いた生活ができるエリアとなっています。   – ホーチミン   南部にある経済都市ホーチミンには、高島屋やイオンマートといった日本でおなじみの店舗や日本食レストラン、ショッピングモール、バーやクラブが集まる繁華街などもあります。都会らしい華やかな暮らしができるコンパクトシティとなっています。   – ダナン     […]

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
日本人ブリッジSEとしてのベトナムオフショア会社の求人や給与・年収は?

ブリッジSEって正直どうなの?   皆さんはブリッジSEという言葉を聞いた事がありますか?名前の通り、多国間の橋渡しとして活躍する人材のこと。オフショア開発に注目が集まり、これからますます拡大しようとしています。まさに今このタイミング、発注国と受注国の間のリスクを回避するため、そして万が一トラブルが起きてもそれを拡大させないために、技術的な話が理解できるブリッジSEへの期待が大きくなっているのです。ここではベトナムと日本との架け橋として働く日本人エンジニアについてお話したいと思います。     ブリッジSEの真実: 日本であくせく働かなくても良い環境がある?   朝は早くから家を出て、ギュウギュウの満員電車で通勤し、職場では上司や部下から様々なことを言われ、遅くまで仕事をして、今日も終電に乗り遅れタクシー帰り。のんびりしたい休日もかなりの確率で休日出勤…。「みんな同じだから仕方ない」そう思って堪えて働いていませんか?自分のやりたい趣味も何ヶ月も放置なんて「生活」では、ストレスが溜まる一方。 その点、ベトナムでの暮らしは、「ワーク」と「ライフ」のバランスが保たれた生活が送れます。もともと、ベトナム人は、仕事よりも「家族」を大事にするという認識を持つ国民性でもあります。実際にベトナムで居住をすることで、そういったベトナムの風土に魅力を感じていく方が多いと聞きます。   ブリッジSEの真実: ベトナムでなら仕事も悠々自適?   ベトナムでプロジェクトマネージメントに携わる日本のエンジニアの多くは『開発のボス』。残業はないか、あっても日に1時間程度。家と職場も日本のように遠くなく、通勤の悩みもほとんどありません。日本人としての資質や、それまでのエンジニアとしての経験を生かせ、精神的なストレスも少ない職場で活躍しています。「思い切って移住して良かった」「別の人生が待っていた」とほとんどの人がベトナムでの就労を喜ぶ声が圧倒的です。   ブリッジSEの真実: 仕事の現場で日本語が使える?   先頃、小学校から学び始める『第1外国語』に日本語が英語と並んで採用されるなど、これからますます『日本語が使える』国となっていくことでしょう。そして何より、今注目され、拡大しているオフショア開発の最前線で日本との橋渡しをする人材が数多く求められています。オフショア開発を担うベトナム人エンジニアのほとんどが日本語を理解できるので、仕事では言葉の壁はあまり感じずに済むでしょう。   ブリッジSEの真実: 日本にも近く、必要な行き来もラク?   いくら海外で仕事をすると言っても、当然国内に親類や友人が数多くいますから、あまりに遠い地域に移住してしまうと難しいシーンも出て来るはず。 その点、ベトナムは日本から飛行機で5~6時間。しかも各地の空港が国際線へと変化していく中で、今後日本とベトナムの行き来は、今まで以上にラクになるでしょう。ちょっとした連休に気分を変えて友人たちに会いに戻ることや、親類に不幸があったとしても、すぐに帰って来られるベトナムは「ほどよい遠さ」と言ってもいいでしょう。   ブリッジSEの真実: 本場のベトナム料理はどう?   また生活する上では食事もとても大事な要素。その点、最近日本でも専門店が多くなってきたベトナム料理は日本人の舌にもピッタリ。誰でも知るフォーや生春巻きをはじめ、あまりクセのない、やさしい味付けの料理が多いのが特徴です。パクチーが大好きな方はもちろん、苦手な方は外食の際も「Noパクチー」と伝えれば、ちゃんと抜いてくれるので安心ですね。どの地方でも海から遠くなく、新鮮な魚介類が楽しめるのも魅力です。   ブリッジSEの真実: 給与自体は下がっても生活レベルが上がるって本当?   肝心の仕事の対価は、というと、やはり当然というべきか、日本に比べると月給は全体的に低めです。わかりやすく比較すると、新卒の場合の給料が日本で20万円ならベトナムでは10万~15万円程度になるようです。だいたい60~70%くらいの金額となります。ところがベトナムはご存知の通り物価が安いので、その金額でも何不自由なく暮らせます。それどころか日本よりもいい生活が送れてしまいます。 あまり無理をしなくても、貯蓄を増やすにも充分な金額になります。例えば30歳でエンジニア経験が5年ほどの場合、ベトナムでプロジェクトマネージャーになる場合だと25万円前後の月給が標準になります。日本で言うと、その段階でもう100万円近くの給料をもらっている感覚になります。   ブリッジSEの真実: 海外旅行が身近で休日の過ごし方も変わる?   ベトナムは日本同様、南北に細長い国。気候の違いもあり、休日の国内旅行も楽しめます。観光旅行ではなかなか立ち寄れないような土地にも気軽に行けるのは移住ならでは。そしてベトナムが日本と違うのは外国がとても近いこと。タイやカンボジア、シンガポール、マレーシア、ラオス、香港などへ旅行するにはコストも安く、日本よりも楽に行くことができます。またヨーロッパも日本から行くのに比べてかなり近付きますから、長期休暇にはどこに遊びに行くか迷うことでしょう。   ブリッジSEの真実: 自分自身はプログラムを書けなくてもいい?   ブリッジSEは、本来の意味であればシステムエンジニアではありますが、在ベトナムにおける日本人ブリッジSEの役割は、日本語コミュニケーターのサポートもしくは監督的な立場になります。 そのためWEBディレクターとしての経験があれば、ベトナムではブリッジSEとして役立てる可能性は高いと言えます。もちろん、実際にプログラムが書ける場合は、待遇も活躍で:きる場も広がります。 ソース:ダナン観光ガイド Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 […]

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
現在ベトナムに日本語求人

日本語に興味を持って、日本語を勉強しているが、求人市場にこの言語はどんな仕事チャンスがあるかどかまだ知っていない。今日日本語求人を探って、適当な仕事を選びましょう。   ベトナムに日本語求人チャンス   ベトナムの市場に投資する日本企業の数が多くて、次第に増加しているため、日本語求人も増加しています。 2018年だけで、ベトナムでは1,800以上の日本企業のビジネスがありました。この数は2019年2月末までに1,950に増加し、ベトナムに日本ビジネス協会(JBAV)に登録されていない企業を含めると2,500に達する可能性があります。 ベトナムに投資する日本企業の数(2018年12月、JBAV)   投資分野は次のとおり:    製造(機械、部品、自動車、衣料品、化学薬品):大半(60%)を占めていますが、年々成長が遅いスピードです。そして、ほとんどの製品は国内市場を満たす代わりに輸出に使用されています。    サービスと貿易(輸送、輸入と輸出、建設、銀行、IT、ビジネスコンサルティング、レストラン、小売、教育など):より速くて、多いです(2017年にこの2つの分野でベトナムに投資する新会社の数は製造業の3倍でした) 日本の投資家の増加に加えて、言語の壁も、日本語求人の数を増加して、同時に日本語求人機会を拡大します。個人的なシェアすによると、ベトナム語を学ぶことは日本人にとって非常に難しいので、日本企業は日本語あるいは少なくとも英語コミュニケーションを知っている従業員を採用する傾向があります。   ベトナムで一般的な日本語で仕事の種類   セールス、アドミニストレーション、BSE、ITプロジェクトマネージャーは、平均的な収入が高く、特にマネージャーの立場にいる日本語求人です。ただし、この給料を得るために、これらの職位には、優れた日本語レベル(流暢なコミュニケーション)と長年の経験(5年以上)も必要です。    1.セールス   キーワード検索:セールス、事業開発、セールスマン 日本語の要件:N1、N2、N3(良いコミュニケーション) 人気のある職種:セールスB2B /セールスコーポレート(他のビジネスに製品やサービスを販売)、セールスエンジニア(マシンの仕様について知っている)、セールスIT 日本語求人には雇用と魅力的な賃金に対する大きな需要があります。 新卒者、経験の浅い人、特定の分野で長年の経験を持つ従業員など、多くのポジションがあります。 2. 行政   キーワード検索:総務、行政、GA、行政スタッフ 日本語の要件:N2、N3(良いコミュニケーション) 日本企業の管理スタッフの仕事には、通常、オフィス機器の管理、サービス提供者や消耗品との作業が含まれます。 ただし、行政スタッフの職務は、一部の基本的な経理および人事の仕事にまで拡張できます。  職位と責任により、この職位には通常2年の実務経験が必要です 3.  BSE   キーワード検索:ブリッジシステムエンジニア、bse、brse、ブリッジエンジニア 日本語の要件:N1、N2、N3 顧客からのリクエストを受け取り、顧客に解決策をアドバイスし、プログラミングチームに伝える、プロジェクトの進捗を管理する IT知識 またはITの実務経験(3〜5年) リーダー経験、交渉   4. ITプロジェクトマネージャー/リーダー   キーワード検索:プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダー、PM、PL、プロジェクトマネージャー 日本語の要件:N2 設計からテストまで計画し、計画とスケジュールを設定し、チームがスケジュールどおりであることを確認します いくつかの重要な領域:Web、ゲーム、ビジネスソリューション、… 5年のITの実務経験から 2年間の管理経験から 上記の仕事に加えて、日本語求人仕事市場にはさまざまなビジネスでたくさんの仕事があります。   […]

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
日本人にベトナムビザを申請する際に知っておくべきこと

ベトナムでの外国人の入国、出国、乗り継ぎ、居住に関する法律の規定に基づきます。 Decision No. 47/2014 / QH13は2015年1月1日から発効します。一般的にベトナムの片側ビザを免除されている国の国民、特に日本人はビザの形式を選択できます ビザは次のとおりです。   1. 15日以内にビザ免除を申請する日本人:   日本人は一方的なビザ免除規定により、ベトナム入国前にビザを申請する必要はありません。 有効なパスポートを持っていること、往復の乗車券(航空券、列車のチケットなど)を持っていることだけが必要です。国境にある入国管理局から15日以内にベトナムに滞在するための印鑑が押されます。   2. 日本人はベトナムの空港と国境ゲートでビザを申請する   ノイバイ国際空港、タンソンニャット空港、フーコック国際空港など。 日本がビザ免除で15日未満ベトナムに入国したくないが、ベトナムでの長期ビザを申請したい場合。たとえば、1か月または3か月間、ベトナムの出入国地点でビザを申請できます。 国境ゲートでビザを申請の手続きを実行するために、ベトナムでの保証機関、組織または企業は、外国人が入国する前に入国管理局で入国申請手続きを実行する必要があります。 国境ゲートで、外国人はパスポートとベトナムの公式派遣を提示し、ビザ申請書に記入し、所定の料金を支払います。   日本にベトナム領事館でビザを申請します。 最後のケースでは、ホスト国(日本)にベトナム外交使節でベトナムビザを申請できます。   ビザを申請する条件:   パスポートは少なくとも06か月間有効です。 日本人が長期ビザを取得するため、ベトナムの会社、代理店、組織、企業、個人の保証が必要です。 日本人向けのビザ免許手続き:   入国書類の申請方:ベトナムの個人、代理店、組織、企業は、日本人がビザを申請できるように、入国書類の申請を行います。 入国書類には以下が含まれます: 申請者のパスポートは少なくとも6か月間有効がある。 フォームNA2に従って作成された入国申請願書。 保証会社の法的な書類 期間:申請が規制当局に提出された日から5日間。   ベトナムビザの申請:管理機関から入国許可書を受け取った後、 日本人は日本にベトナムの外交代表事務所を訪れ、ビザを申請します。  ビザ申請には以下が含まれます: 外国人の原パスポート。 ディスパッチエントリ。 フォームNA1に従って作成されたベトナムビザ申請フォーム。   ソース:visakhoinguyen   Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。   […]

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
ベトナムのオフショア開発で働くときにブリッジSEに必要なスキル

    この記事はブリッジSEに求められるスキルについて紹介します。   言葉   ブリッジSEは、様々な国のエンジニアと関わる職種です。様々なプロジェクトに参加し、現場の調整役として活躍する仕事になります。 ブリッジSEの仕事をする際は様々な言葉を理解して話す必要があるので、しっかりとIT関連の言葉を含め言語を習得しておく必要があります。近年では中国や韓国などのアジア圏との仕事が多くなっているので、英語だけではなく中国語や韓国語などの習得も求められています。   ブリッジSEは単にプログラミングに関連する仕事だけではなく、各種の予算管理やマネージメントなども行います。そのため、ビジネスに関連する幅広い用語を理解しなくてはなりません。 ビジネス関連の英会話スクールではブリッジSE向けのサービスプランを提供していることもあるので、働ける範囲を広げたい場合、複数の言語を習得しておくと良いでしょう。   プログラミングに関連する知識や技術   オフショア開発の際に仕事を任せられるブリッジSEは、言語能力だけでなく、プログラミングに関連する知識や技術も求められます。特にシステム開発の際の計画者として関わるケースでは横断的に現場の状況を把握して相手の国のエンジニアとやりとりするので、高いレベルのリテラシーが必要です。 通常ブリッジSEになる場合、ある程度の期間はエンジニアとして様々な現場を経験することが多いので、その際に各種のスキルやリテラシーを身につけると良いでしょう。 ブリッジSEの仕事に関するカリキュラムが充実している学校を利用すればこれらの能力を多角的に習得させてくれるので、利用価値が高いです。   出典:Virtualworldtour Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。   ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。 メール:info@innotech-vn.com

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
日本人にとってのベトナムでのブリッジSEの将来の可能性

この記事はブリッジSEとして1年フィリピンで働いている一人の経験を通じて、ブリッジSEのキャリアパスについてまとめます。 これからベトナムでブリッジSEになろうとしている方や今すでにブリッジSEだという方の参考となればと思います。     ブリッジSEというキャリアパスで身につけることができる力 まずブリッジSEという働き方で身につけることができる力についてまとめておきました。 意識的に自分がどのスキルを強化したいかによっても働き方は異なってくるかと思いますが、ブリッジSEの時に培ったスキルでその後のキャリアパスも色々変わってくるのかなと思っています。それは:   ・語学力 ・異文化理解 ・異郷でのサバイバル能力 ・コミュニケーションスキル ・マネジメントスキル ・エンジニアとしてのスキル   これから、詳細をみていきます。     語学力   →いうまでもないですね。ベトナム語なり、現地の言葉なり、ベトナムで生活をしていて身につかないわけがないですね。 ビジネスでも普段の生活でも日本語以外の言語に触れている訳なので、語学力はメキメキ上がると思います。 それに、住んでいる現地の言葉を喋れるようになると、もちろん現地の人とすぐ仲良くなれます。     異文化理解   →国民性の理解もブリッジSEをしていると身について行きますね。例えばフィリピン人は人生に置いて家族の優先順位が高いです。 あとはコンビニでも公的機関でも仕事が異常に遅いだとか、非効率だとかそういうことへの耐性と言うか「まぁそう言うこともあるよね」という風になって行きます。 悪いところばかりみてもしょうがないので、良い面に焦点を当てて行くべきですね。     異郷でのサバイバル能力   それぞれの文化には独自の特徴があり、その違いを受け入れることは生活の原則の1つです。 例えば:ベトナムでは交通が怖いことですが、ブリッジSEをして、慣れてきて、怖くても大丈夫だよ、ぐらいのサバイバル能力が身につくことでしょう。 ベトナムの交通     コミュニケーションスキル   →円滑なコミュニケーションが取れないと仕事が回らないので、これもブリッジSEが身につけることができるスキルかと思います。 いかにお互いの意思疎通をするか、お願いしたいことを伝えるか、仕事を推し進めて行くかなど 語学力 + 異文化理解 をした上で発揮される能力です。     マネジメントスキル   →ブリッジSEは主にマネジメント側に回ることが多いです。 なので仮病を使いがちな人にどう言う仕事をしてもらうか、チームでどうカバーしあうか、納品をするにはどう言う進め方で仕事をして行くべきかなどを常に考える必要があります。     エンジニアとしてのスキル   →もちろんエンジニアとしてのスキルも身につきますよね。設計して、コードを書いてもらってレビューして、などなど。 […]

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
ベトナムと日本の文化の共通点

それぞれの国は別の文化があります。それは、衣装、美食、居住、数え切れないほどの様々な特別な特徴のです。しかし、別の文化に加えて、ベトナムと日本の国々の間で伝統的な文化の共通点に遭遇することもあると言えます。     衣装   ベトナム人と日本人の伝統的な衣装は、基本的に素材と織りの方法が同じであることを知っている人はほとんどいないかもしれません。2つの国の伝統的な衣装で使用される主な素材は、シルク、ブロケード、綿、繊維、リネンで、青、赤、ピンク、紫、茶色、黒などが使われています。 ベトナムと日本の衣装の色の概念は中国からの影響を受けています。中国は、白、黒の色などの色の意味を区別するのに最も明白です 儀式の場合、幸福を表する赤い色。   美食   ベトナムと日本の文化の共通点について、飲食はこの記事で表せたい二番目の要素です。現在には、伝統的な食事はまだベトナム人と日本人の家族の95%に残っています。 しかし、一部の大都市では、二つの国における西洋飲食文化の要素の渡来は、家族の食事に現れ始めました。これは、日本とベトナムにおける西洋文明の渡来を具体的に示したものです。   崇拝   日本人のように、ベトナム人の祖先崇拝という習慣は長い歴史を持つ、中国の儒教の思想に影響を受けます。人々は祖先を崇拝して、死亡した日に従え、命日を行います。故人は家の最も荘厳な場所に置かれた先祖祭壇に崇拝されます。普通は、長男が祖先崇拝の責任を与えられた人です。 現在、この習慣は多少変化する傾向がありますが、祖先崇拝を維持するのは続いています。それは故人への子どもたちと生きている人の孝敬を表す行為です。     祭り   祭りはベトナムと日本の風習や信仰に関係があります。多くの違い点がある一方、一般的に両国の祭りは季節に従って行われます。民俗儀式はイベントを記念する目標として開催されます。このお祭りは、各国の風習に結びつくことが多いです。しかし、中国文化の影響が大きいため、両国では同じような休日があるけど、別の習慣があります。例えば、子供の日、韓国の正月、七夕、労働者の日、元旦など。     教育   以前、ベトナムと日本の伝統的な教育システムはすべて中国の教育のモデルに従っていました。ベトナムが歴史の中で長い間中国の中国封建によって支配されていたため、中国から強い影響を受けています。一方、日本の発展と建設のために、日本では奈良時代に封建国が最初の留学生グループを中国に派遣ししました。従って、日本もベトナムも、教育が中国から強い影響を受けています。     伝統工芸   多くの国に陶器、漆器、絹、竹、籐などの伝統工芸があります。 人々は勤勉で熟練しているため、両国の伝統的な工芸品は非常に洗練されていて美しいです。 ベトナムなら陶器の村バッチャンやチャム族の伝統陶芸があります。日本の京都には伝説の陶器製造村があります。     近年、ベトナムと日本の経済・文化関係はますます緊密になっています。 その関係がどんどん良くなるためには、二つの国の文化的な共通点を理解する必要があります。 うまくいけば、以上の記事を通じて、読者は現在の状況での文化におけるベトナムと日本の共通点を知ることができます。   出典&総合:Dgnozomi Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。   ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。 メール:info@innotech-vn.com

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
ベトナムで日本の通りがある?

現在、世界のグローバル化の流れに伴い、多くの人が海外に出て新しい職場環境を作りたいと考えています。   それで、私たちの国には、さまざまな別々の地域があって、たくさんの名前で名前が付けられました。その中で、ほとんどは日本人です。したがって、ホーチミン市でのレ・タン・トン通りとハノイでのダオタン、リンラン、キンマという日本の通りになっています。   なぜ、日本人はホーチミン市でのレ・タン・トン通りが「Little Japan」と選びますか?     レ・タン・トン通りは800メトル未満で、数百の日本食レストランがあります。   日本から輸入した材料で使った料理と和風レストランの雰囲気のかげで、自国にいるような感じをもたらします。味はほぼ同じですが、価格は 日本での同じ料理の半分になっています。     外側と内側の空間は2つの反面を呼び起こす。それは 「open and close」と呼びます。外はうるさくて、にぎやかですが、中は静かです。     レ・タン・トン通りの終わりに、多くの日本人は生活しています。ほとんどのみんなは安定な仕事をしています。   いる日本人は「私のように低い収入がある人にとって、月家賃は500ドルはあまり安くないです。しかし、この所は非常に安全で便利です。 自宅から市内中心部まで歩くのはわずか5分でかかります。」と言いました。   ハノイの首都ではどうですか?   日本の通りについて話すと、ハノイの人々はすぐにキムマ通り、リンラン通り、ダオタン (バーデイン地区)を思い浮かべます。このところは長い時間で日本の通りと考えられています。   ヌイトラック通りには、ベトナムと日本文化の交流のセンターがあります。そのセンターでベトナム人は教えてもらいます。そして、多くの日本人はここに住んでいます。それに、日本大使館がリュージャイ通りにあって、ベトナムにビジネスや投資を行うたくさんの日本の企業がります。   日本の通りは非常に多様であり、ほとんどのレストラン、化粧品店、スーパーマーケットには日本の看板があり、主に日本の顧客にサービスを提供しています。キムマストリートは、ヴォイプック寺院からヌイトラックの交差点までキムマ、ゴックカーン、サンボーの3区にあり、人気のレストランから高級レストランまで、多くの日本食レストランがあります。   ハノイの人々はこの通りを歩いていると着物を着た女の人が玄関に立って、グストに日本語の文章で挨拶するのをよく知っています。   日本の街はベトナムの主要都市のユニークな部分となっており、ベトナム人に日本をもたらしています。伝統的な文化である日本は独特で、人類の精華がたくさんあります。   ソース:JAPO     Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japan では、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。 ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。 メール:info@innotech-vn.com

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
日本で消耗しているなら、ベトナムで就職して海外移住してみては?

日本で働いて身も心もボロボロだという人はベトナムで就職して海外移住してみるのも一つの選択肢としてアリという話をしたいと思います。     私は新卒で日本のIT企業に就職して7年間働きました。7年間の内の5年間はほぼ終電で帰るような日々を過ごしており、身体的にも精神的にも疲れていた矢先にベトナムへの出張の話があり、そこでベトナムで就職して移住する選択肢もあることを知りました。 中々、仕事に追われた毎日を過ごしていると広い視野で見えなくなってしまい現状からの抜け出せなくなってしまいます。 体や精神を壊してからでは遅いのでもし、日本で消耗しているのであればベトナムで就職して海外移住することについて話をしたいと思います。     金銭面について   まずは金銭面について、 ベトナムで就職して働く場合、ホーチミン、ハノイの日系企業で現地採用の場合、日本人であれば大体1200$~2000$、専門的なスキルがあれば2000$ ~ 3000$ぐらいはもらえるぐらいだと思います。 東京と比べたら低いかと思われますが、ベトナムでは物価が低く収入と支出をみた場合、日本で生活するよりも豊かな暮らしができると思います。 家賃が大体300$~600$で食費などの生活費で6万円だとしても十分に貯金ができる生活がおくれます。     精神面について   精神面について、 やっぱベトナム、特にホーチミンでは南国の国ですので、温暖な環境で人々も温和に過ごしています。 ベトナムでは日本にあるような同調圧力みたいなものはなく、個人が自由に生きているように感じます。 職場環境についても同様で結果は求められる環境ですが、マイペースで仕事をして定時になるとすぐに帰宅の準備をはじめるような環境です。 私が特にベトナムに来て精神面で良かったと感じたことは通勤電車で消耗されることがなくなったことです。家から会社まで15分ぐらいのところに住んでおり、歩いて行ける距離にあることにより、満員電車でのストレスや通勤に削られる時間が大幅に減ったことが特に大きいものでした。 満員電車   必要な能力/英語力について   日本人が海外で働く場合、立場としてマネージメントを行う役割となることが多いです。日本からの依頼やミッションに対して、ベトナムスタッフと協力してプロジェクトを進める形になるためです。 その際に必要となるのは英語スキルです。私は英語が話せないから海外で働けないと考えているのであればそれは間違いです。 英語スキルと言っても、職場、仕事内容にもよりますが中学生英語レベルで問題ありません。ベトナムは英語圏ではないのでベトナム人にとっても英語は第2言語なため、英語レベルは同じくらいと思っても大丈夫です。 あなたに求められているのは日本人として現地に居てミッションやプロジェクトを進められることで重要なスキルは英語ではなく役割の仕事をこなせるスキルです。日本人=日本語を話せる、日本の仕事感覚を知っていることがあなたにとって優位なスキルです。 極端な話、まずはベトナムスタッフとプロジェクトを進行できる最低限のコミュニケーションを取れれば良いのです。現地で働きながら英語を学んでいけばいいのです。 まずはスタートを踏み出すことが大事です。     仕事の見つけ方   どうやって海外で仕事を見つける方法は、Google検索で「海外」「転職」「仕事」などで検索するとたくさんの転職エージェント会社が出てきます。 そこに履歴書を送ればエージェントがあなたにあった仕事、会社を紹介してもらえます。 面接についてもSkypeで行いますので現地に行かなくても日本にいながら面接を行うことができ、日本にいながら仕事が決まることが多いです。 お金も掛からないので、まずは応募してみてください。   Google で仕事を探す まとめ   なかなか海外で働くことに踏み出すことは知らないことが多く、勇気がいることだと多いますが、実際は思ってる以上にハードルは高くはないのでまずは一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?   出典&まとめ:サイゴンピークス Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech […]

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
ホーチミン市は外国人のために生きる価値があるトップ3の都市をランク付けた

インターナショナルは、2020年に住みやすくて、働き、友達になるのに最適な30の都市のリストを発表しました。このリストにあるホーチミン市は、シンガポールや他の多くの有名な都市より上位にランクされています。     外国人国際ネットワークのグローバルは、投票するために20,000人以上の人々を調査しました。年間で生活し、働き、友達になるのに世界で最高の都市をランク付けしました。     調査結果では世界の中で2020年に最適で移動して生活するトップ30の都市を選択しています。その中で、ホーチミン市は3位になって、理由はほとんどの外国人が市での生活費がかなり安いし家が探しやすいしなどと言いました。しかし、何人かの人々は汚い通りと悪い環境管理について文句を言いました。     ランキングのトップは、生活費がかなり安くて、豊富な食品で有名な台北市(中国、台湾)です。 調査した外国人はまた、台北の地元住民の親しみやすさ、生活費、医療の質、安全性、キャリアの見通しを高く評価しました。 都市生活の不便​​は、彼らが現地の言語(中国語)を学ぶのが難しいことです。     2位は首都クアラルンプール(マレーシア)に属しています。 街には多様な料理があり、独特の地元の文化があり、外国人は英語のみで簡単にコミュニケーションでき、生活費は安く、マレーシアからアジア中に旅行するのは簡単です。 しかし、インターナショナルによると、調査対象者は、ここにいる外国人の就職の見通しは非常に難しいと言っています。 マレーシアの政府は国内労働力を保護するために外国人に雇用制限を課しています。     ホーチミン市のすぐ後にあるアジアの有名な都市、シンガポールは4位です。 世界で最も安いミシュランの星を獲得したレストランまたは世界で最高のバーで、活気のある経済、有名な食べ物と飲み物を持っています。 外国人は都市で安全を感じ、シンガポールの政​​治的安定に満足していると言います。 しかし、高価な交通費と生活のバランスをとるのに苦労することは、ライオン島国に住む外国人が直面する問題です。     モントリオール(カナダ)は、仕事、生活費、および手頃な価格で上位にランクされ、インターナショナルのリストで5位にランクされています。 この北米の都市の欠点は、気候と地元の天気です。 尋ねられた人々のほぼ半分は不満でした、特に冬はここで長すぎて寒かったです。     他のいくつかのアジアの都市も、2020年に外国人にとって最も住みやすい都市のトップ30に入っています。例えば、東京(日本)が26位、バンコク(タイ)が20位でドーハ( カタール)とアブダビ(UAE)はそれぞれ12位と15位にランクされました。   ソース:Zingnews     Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。 ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japan の専門家にお問い合わせください。 メール:info@innotech-vn.com

ByInnotech Vietnam Aug 17, 2020
ベトナム在住日本人が感じる10個のあるある~ホーチミン編

今回はベトナムの中でも最も在住日本人が多い南部ホーチミンに焦点を当てて、そこに住んでいる人々に、ホーチミンに住んでいて感じを10個教えてもらいました。   一つ目:ここ数年で日本製品が簡単に手に入るようになったこと。   ここ数年で日系企業が多数ベトナムに進出しました。イオン、ミニストップ、ファミリーマート、セブンイレブン、ダイソーなどのは日本人なら誰でも利用したことがあるスーパー&コンビニかと見られます。日本の多くの製品も輸入されていて、値段は高いですが、ちょっとした小物から日本でも毎日使っているような日用品まで、簡単に手に入るようになりました。       その2:家電製品の持ち込みは必要ない     多くの日本人が移住や赴任する際に、日本で使っているレンジや炊飯器などをよく持ち込みします。 しかし、現在、ベトナムでも買えます。家電量販店でも買えますし、デパートにはメーカーの直売ブースもありますし。日本で売り始めた最新のものは買えませんが、”日本品質”を求めるのであれば問題ではありません。ちなみに、日本とは電圧が違うため、日本の家電を使うときは変圧器が必要です。また、台所家電のような電力がたくさんかかる設備を使うと、変圧器も大きく重くなるので、値段も高いし、場所もとります。       その3:スーパーは一日中遊べるテーマパークのよう   ホーチミンに移住した日本人よく、「休日に遊びに行く場所がない」 、「子供を連れて遊べる場所がない」、「デートにどこに行けばいいのか分からない」と言います。実はホーチミン人が休日遊びに行く場所はスーパーやデパートです。このような商業施設には、子供が遊べるキッズ広場や友人と恋人と楽しめるボーリング、ゲームセンター、映画館などがあり、またフードコートにレストラン、カフェなども多あります。規模も非常に大きいので、一日中ずっとそこにいることができることもベトナムのスーパーの特徴です。       その4:長時間のバスにも慣れる   ベトナムには電車がないので、どこか遠出するときに、普通はバスと飛行機を利用します。例えばホーチミンからはバスで2時間の距離があるブンタウ、6時間で行けるムイネー、7時間で行けるダラットなど。また、メコンデルタ地方もミトーまでは90分、カントーで5時間がかかります。日本にいるとこんな長い時間乗り続けるのはちょっと考えられませんが、ベトナムに住んでいると、これは普通になってきました。       その5:ベトナム人の大らかな性格に慣れてしまう   日本からベトナムに移住してきた当初は、「ベトナム人はなんて時間にルーズなんだ」、「ベトナム人って本当にマナーがなっていない」と怒ってばかりです·。しかし、「5分くらいの遅刻ならまだいいか」と考えるようになりますし、レストランで不愛想な店員に会ったっても「料理がしっかり運ばれてくればいいや」と気にしなくなります。良くも悪くもベトナム人の大らかな性格に慣れてしまうのも、ベトナム在住者が語るあるあるの1つです。     その6:レディファースト   ベトナムは日本男子には慣れていないレディファーストの習慣が一部で定着しています。特に最近の若者や都心部では日常的に見え、またベトナムの女性もレディファーストを当てにしています。ですので、移住当初はできなかった女性への気配りも、だんだんと自然にできるようになってきて、身についています。     その7:自宅の問題に慣れる   ベトナムに住んでいると、日本ではあまり体験しない問題が続々と出てきます。「勝手に内鍵がかかるときがある」、「雨漏りがする」、「ヤモリとネズミと同居している」、「すぐに停電する」などの問題を全部挙げりきれません。しかし、不思議ですが、そんな問題は1年も住んでいれば慣れてしまうものです。移住してきたばかりの日本人が慌てて先輩方に相談したら、「あー、それはよくあることだよ」と笑いました。         その8:東南アジアで一番おいしい料理がベトナム料理だと感じる   ベトナムは東南アジア諸国の一員で、ラオスとカンボジアと陸続く国です。さらに飛行機でタイやシンガポール、マレーシアにも2時間以内で行くことができます。そんなベトナムに住んでいると、連休ができると外国に行くのは簡単でしょう。カンボジアへはバスで行くことができますし、土日を利用してラオスやタイに行く人もいます。東南アジアで「ベトナム料理が一番おいしい」と感じます。、スパイスをあまり使わない素朴なベトナム料理は、日本料理とも共通項がたくさんあります。年配の方は特にベトナムを好きになる理由の一つでもあるようです。       その9:ハノイとの文化・言語の違いを理解できるようになる   ホーチミンに暮らしていると、北部と南部の習慣や人や言語などの違いがよく分かってきます。例えば、ホーチミンとハノイに住む人々の性格もベトナム語の発音も違います。旅行では分からない違いも、ベトナムに暮らし始めると徐々に分かることができます。「あ、この人はきっと北部出身の人だ」、「この発音は南部の人だ」とすぐ分かることもできます。 […]

ByInnotech Vietnam Aug 14, 2020
ベトナム移住する日本人にとってのメリット

移住を考えている方に対して、楽しみなことはたくさんあります。 もちろん、世界のどこかへ移住ことは大きな決断です。 ただし、数年間の一時的な移住として見ると、ストレスは少なくなります。 ただし、ほとんどの場合、その一時的な移住は人生の変化であり、別の世界を見せるものです。 多くの人にとって、自分が移住した国は故郷になります。   もしあなたはベトナム移住を考えることさえもなかったら、今回の記事を見た後はあなたの考えが変えるのを期待しています。ベトナムは世界で最も急速に成長している経済がある国の一つです。多くの人は、ベトナムと言えば、戦争によって荒廃した国のイメージだけを思い浮かべますが、実はそうではありません。これはたくさんのビジネスチャンスと素晴らしい生活水準を提供する魅力的な国です。西洋に比べて、製品は非常に安くて、ベトナムでの大手企業の一つに就職すれば、西洋のほとんどの人々の手が届かないライフスタイルがもたらされます。 ベトナムは、もちろん、北側のハノイと南側のホーチミン市に2つの主要な都会があります。しかし、ほかの地域にも就職機会があります。それに、あなたがどのような生活スタイルを好むかに関係なく、ベトナム移住はあなたとご家族に素晴らしい機会を提供します。   ベトナムの主なビジネスセクターを見てみよう!   2020年に、ベトナムは先進国になると見られます。ベトナムの40年前の位置を見ると、それは驚くべき成果が分かります。ここでは外国投資が経済の22%を占めています。ベトナム移住を考えている方は、この国がよく描かれているステレオタイプとは非常に異なる国を見つけるでしょう。 ここでは英語が第二言語になり、少し前にフランス語を追い抜いています。 ベトナムは労働力人口の中で驚異的な96%の識字率を持っています。   ビジネスアウトソーシング   2016年までにこれは600億ドル規模のビジネスになり、多くの人がベトナムがまもなくインドを追い抜くと予測しています。   太陽光や風力   ベトナムは主に石炭や水力発電やガスタービンなどからの電力を作っていますが、政府は2030年までに再生可能エネルギーの生産を3倍にする計画を立てています。地理と気候は太陽光への投資に最適で、土地の67%が適切と見られています。   銀行   銀行は現在、希望どおりに開発されていませんが、この分野にはポテンシャルが高いと言えます。 ベトナムはモダンな技術が手に入ります。 携帯電話の普及率は非常に高く、進歩を受け入れるためのオープン性により、ベトナムはキャッシュレスバンキングの開発に向けて熟しています。   ホテルとツーリズム   ハイエンドの観光産業は主に大規模な国際ブランドによって提供されていますが、国内の小規模な3つ星および4つ星ホテルの数は多いです。 もちろん、ハノイとホーチミン市が最大数を占めています。他には、ダナン、ニャチャン、フーコック島などの臨海リゾートの数も急速に増加しています。   農業と食料生産   生産の主な地域は、米と魚のメコン川と紅河デルタ、多くの野菜の涼しい気温があるダラットです。 ファンティエット周辺の田園には、ドラゴンフルーツプランテーションがたくさんあります。 現在、農業は国の輸出の20%を占めています。   ベトナム移動する人々に別々都市がもたらすもの     ハノイ   ハノイは、もちろん、ベトナムの首都であり、ベトナムの文化の中心です。それは伝統的で、歴史的な遺産と芸術的な遺産が豊富な都市だけではなく、東南アジアの成長するビジネス文化の主要なプレーヤーです。ハノイはたくさんの良い国際学校があり、企業は教育、テクノロジー、金融、経営コンサルティングサービスなどに関します。 ハノイ旧市街はバー、レストラン、カフェのメが集める場所で、 芸術品や工芸品もそこの特徴です。   ホーチミン市   ベトナムの大都市のホーチミン市は、西洋人にベトナム移住を考えさせています。 ファッショナブルな二区と第七区に多くの外国人コミュニティが住んでいるため、ここに来た人は東洋風の生活も、身近な西洋風のも楽しむことができます。 ここにはたくさんの国際学校があります。 ビジネス分野には、教育、家具、履物、エンジニアリング、テクノロジー、および金融が含まれます。 […]

ByInnotech Vietnam Aug 14, 2020
ベトナムで快適に生活するにはどのくらいのお金が必要ですか?

近年ベトナムに旅行したことがあったら、魅力的な場所である場合は、引退する時にベトナムに移動することを検討してください。実際、行ったことがない人でも、新しい家に選ぶことを考えるかもしれません。 ベトナムでは美しいビーチが有名で、驚くほど日本人にとって親しみやすいことも人気があります。   ベトナムでの生活費   International Living’s Global Retirement Indexによると 、毎年世界中の退職先をランク付けし、気候、医療、福利厚生、割引、生活費などの要素を測定します。 ベトナムは2019年のランキングで99を獲得しました。 カンボジアだけが安っかたです。 以前のインターナショナルリビングランキングによると、ほとんどの日本人居住者はベトナムで月額約9万円から13万円の生活を送ることができました。 いくつかの基本的な計算は、あなたが月額9万円で生活している場合、おそらくほとんどの退職者が繰り返し生活できる最低額であることを示しています。2120万円の普通預金口座は約20年間続きます(2120万円÷9万 = 235か月、または20年); 月額13万円(おそらくより安全な見積もり)で暮らし、貯蓄は14年間続きます(2120万円、13万円= 163か月、つまり13.5年)。 したがって、この基本的な例では、毎月の経費が何年にもわたってまったく同じであり、退職による貯蓄が投資によって増加しておらず、退職中に他の収入や支出(税負債)がないことを前提としています。   住みやすい場所     Expat Arrivalsによれば、ベトナムでは近代的なアパートが増えています。 これらの複合施設には通常、ランドリー設備、ジム、スイミングプールが含まれます。 このような1ベッドルームのアパートの賃貸料は、ホーチミン市(旧サイゴン)で1か月あたり900〜1300万ベトナムドン(VND)ですが、そのような場所はマンションとして購入することもできます。 不動産取引はオンサイトでよりよく交渉され、ウェブサイトExpatlifeは住宅検索でエージェントを1人だけ使用することを推奨しています。 「それらのほとんどは利用可能な宿泊施設の同じデータベースを使用するため、おそらく同じ場所を何度も何度も表示してしまい、時間とお金の両方を浪費することになります。 必要なプロパティのタイプが表示されない場合にのみ、エージェントの変更を検討してください。」 その他の費用については、住宅と同様に、価格は国中で異なります。 大都市では、特にそれらの都市の中心部では生活費が高くなり、都市の中心の外に移動するほど低くなります。 ただし、平均して、市内バスの料金は片道7,000 VNDで、ホーチミン市のタクシー費は1キロメートルあたり18,000 VNDです。   終わりに   誰かの寿命の不確実性により、ベトナムなどの生活費の安い国でも、(社会保障に加えて)2120万円だけでも、退職後もどこにいても十分かどうかを予測することは不可能があります。 しかし、定年中に海外で生活することは、一部の日本市民に彼らのお金でより良い生活の質を提供できることは間違いではありません。 退職金をさらに伸ばすことができます。 海外の退職地と同様に、最終決定を下す前にこの地域を複数回訪問し、観光客としてではなく、居住者の視点から国を見るようにしてください(この場合、おそらく1回の長い調査訪問で十分です)。 。 あなたがそこにいるときに外国人を探します。 彼らはあなた自身の見方と一致するかもしれない多くを発見したでしょう、そして彼らはおそらくその情報を喜んで共有するでしょう。 最後に、海外で退職する人の税金はかなり複雑になる可能性があります。 そのため、不動産計画の問題については資格のある弁護士と税務専門家と協力して、ベトナムへの移動が日本での税務にどのように影響するかを判断することを常にお勧めします。   ソース:INVESTOPEDIA     Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 […]

ByInnotech Vietnam Aug 11, 2020