私たちのブログ

ベトナムの高品質オフショアラボ開発サービス

これまで、企業はコスト削減を活用するために、オフショア研究所開発サービスの小規模チーム開発者を必要としていました。 今日、ソフトウェアのアウトソーシングが普及しています。 オフショアラボの開発では、コスト削減だけでなく、高品質の開発者、セキュリティの強化、すぐに使えるサービスなど、クライアントにより大きなメリットがもたらされます。 今日では、オフショアITスタッフィングは、企業にとって最も実現可能で有利なオプションです。   オフショアラボ開発のメリット   オフショアラボ開発は企業に多くのメリットをもたらします   ご存知のように、オフショアITスタッフィングサービスは、陸上(本国または地域にある)の高価なオフィスを節約するための、アクセス可能で効率的かつコスト効率の高い代替手段を提供します。 したがって、すべてのスタッフは低コストの労働市場がある場所に配置できるため、企業はコストを大幅に削減し、投資収益率を大幅に向上させることができます。 リモートスタッフィングソリューションを使用すると、企業は日常業務の完全な制御を維持できます。 インフラストラクチャに投資したり、社内チームを見つけるために時間をかけたりする必要はありません。 特に、オフショアプロフェッショナルスタッフィングソリューションは、業界でのスキルのある人材と専門知識の可用性を向上させます。   なぜベトナムがオフショアラボ開発に最適な場所なのですか?   ベトナムは世界でオフショアラボ開発の人気の目的地です   ベトナムのオフショアITスタッフは、アジアで最も競争力があることが証明されています。 ベトナムでは、ますます多くのIT専門家が大学や私立学校を卒業しています。 彼らには、教育の機会が非常に多く、課外課程のジュニアおよびアドバンストトレーニングコースがあります。 さらに、一部の企業は開発者に無料の教育を提供しています。 ベトナムのソフトウェア開発会社は、世界的なトレンドに従っており、科学ベースのテクノロジーの進歩に焦点を当てる傾向があり、ウェブサイト開発、アプリケーション開発、ウェブ設計、ソフトウェア、オートメーション、AIなどに多くの関心を示しています。 ベトナムのもう1つの特徴は、ミドルおよびジュニアソフトウェアスペシャリストよりも多くのシニア開発者がいることです。 専門家の専門知識レベルにより、アウトソーシング企業はプロジェクトの成功に貢献できます。 ベトナムはまた、研究開発を外部委託するのに最適な国の1つと考えられています。   ベトナムの高品質オフショアラボ開発サービス   現在、数千のソフトウェア会社が設立されていますが、適切で評判の良いパートナーを選択することは容易ではありません。 イノテックベトナムはベトナムにおける高品質のオフショアラボ開発サービスです。 彼らは創造、革新、開発、そして高度なソリューションを目指して努力しています。 顧客からのすべての要件と期待に応えるために、幅広いITサービスを提供しています。 さらに、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変換します。     イノテックベトナム事務所   私たちの専門家はイノテックベトナムで働いています   彼らの使命は、銀行、金融、ロジスティクス、輸送、教育、およびアメリカ、日本、シンガポール、オーストラリア、ベトナムのその他の産業などの分野の顧客に、最高で最も費用効果の高いオフショアラボ開発を提供することです。 200以上のプロジェクトが完了した後、90%以上の企業が幅広いITスタッフのニーズのためにInnotechに戻ってきており、毎回同じ標準サービスを享受しています。 Innotech Japanも、CMMI標準に完全に準拠します。 また、当社のエンジニアはアジャイルソフトウェア開発で非常に経験豊富です。 Microsoft Technology: Asp.Net, Asp.net core, SharePoint, Microsoft Dynamic CRM,… […]

ByINNOTECH Sep 11, 2020
最高のオフショア開発会社を雇うためのガイド

テクノロジーの発展が絶えない世界では、ソフトウェア開発はただ日々成長しているテクノロジーの別の分岐にすぎません。 もしビジネスを拡大する要求があって、それに大きな予算もあり、ソフトウェア開発者を探すべきです。 このような場合、アウトソーシング開発は、会社の他のコアアクティビティを中心に据えることができるように、専門家による作業の完了を検討するための実行可能な代替手段として機能します。   アウトソーシングとは?     アウトソーシングとは、単純なプロセスであり、事業運営を行うために事業主として選択できます。 これは、遠く離れた場所にいるプロジェクトの完了を支援できる、リモートの専門家と専任のソフトウェア開発チームを雇うプロセスです。 オフショア開発者のチームをあなたのビジネスチームに参加させることは、思ったほど怖がらないかもしれません。 ビジネスオーナーとして、あなたは、エキスパートの協力を得るために多くのフットワークと研究を行う必要がある可能性があります。 そこで、ここでは、自社に最適なオフショア開発パートナーを選択する方法について、手順を追って説明します。   最高のオフショア開発会社を見つけるためのヒント:   目標を明確にする   アウトソーシングパートナーを選択する際の最初のステップは、ビジネス目標を自分で理解し、それをITソリューション会社に伝達して、正確に何をしなければならないかを理解してもらうことです。 開発ニーズを遵守しますけど、現地の専門知識が不足していると、オフショア開発への転換を強いられる可能性があります。 しかし、パートナーがビジネスの問題に対応し、適当なソリューションを提供するには、目標を明確に定義して、適切な専門家のセットが仕事を遂行できるようにする必要があります。   アウトソーシングパートナーを選ぶ最初のステップは、ビジネス目標を自分で理解することです   いくつかの明確な基準を念頭に置いて   アウトソーシング企業の市場を探求するために先に進むと、もちろん無数のオプションに出くわしますが、適切な企業を選択することで違いが生まれるはずです。 このためには、最高のアウトソーシング企業を選択するために、明確に定義されたいくつかの基準が必要です。 すべての基準に適当できる会社を見つけることは、非常に困難なことです。 しかし、見込み客が選択リストで上位に立つために本質的に応えるべきいくつかの重要な基準を明確にすることが最善です。 それが技術プロセス、開発プロセス、価格、専門知識、またはその他の同様の属性であることをメモして、10以上の基準に適当する企業にマークを付けて判断できるようにします。   ポートフォリオチェック   選択する予定の会社の過去の職歴を確認することも、実行する必要のタスクです。 これは、これは、アウトソーシング企業の以前の顧客に出会ったときの的の中心を射るようなものです。 会社のクライアントハンドルについて問い合わせると、その動作パターンについて簡単に理解ことができます。 また、会社の信憑性についての洞察を得るために、資格情報チェックを実行する必要があります。   選択する予定の会社の過去の職歴を確認することは、実行するもう1つの必須タスクです。   完璧なオフショアロケーションの選択   世界のどこからでもリモートで作業を行うことは、ソフトウェア開発のニーズをアウトソーシングするときに楽しむことができる最もハイエンドの利点です。 しかし、同じことを行う場合、どの会社を選択するかによって、オフショア開発に理想的な場所など、いくつかのことが頭に浮かぶこともあります。 そのためには、どの国にも独自の長所と短所があることを理解する必要があります。 特定の目的地の落とし穴と利点を考慮に入れると、完璧なオフショアパートナーを見つける国を選択するための賢明な動きになります。   最高の人とつながる   場所を確定したら、次は最高の人々とつながることです。 その特定の場所で最高の企業をグーグルすることは、あなたのすべての基準を満たすことができる最高の企業を選ぶのに役立ちます。 まず、リストにあるすべての会社をメモして、事前設定されたパラメーターでランク付けします。 そして、あなたのリストのトップを占め、すべてのボックスをチェックする会社は、あなたが先に進んで握手するべきものです。 最高の企業を選択することは、あなたのすべての基準を満たすことができます。   […]

ByINNOTECH Jul 21, 2020
オフショア開発–いつ、なぜ、そしていつではしないのか?

オフショア開発は、プロジェクト全体の一貫性を確保しながらプロジェクトの品質基準を向上させるため、最も効果的なアプローチの1つと見られています。 長所、短所、およびいくつかの要因などのオフショア開発の傾向を理解することは、オフショア開発を見つけるのに役立ちます。   オフショア開発はいつ行うべきだろうか?   ソフトウェア製品を作成する開発チームを探している時、特に地理的な制限がない場合は、選択することほど複雑なことはありません。実際に、多くの製品所有者は、オフショア開発サービスを選択しています。なぜなら、そのようなアプローチの明白な低コストからです。   多くの製品所有者がオフショア開発サービスを選択しています   なぜオフショア開発が必要だろうか?   初めに、企業はオフショア開発とは何かを理解する必要があります。基本的に、これはソフトウェア開発のプロセスであり、製品の所有者がすべての開発タスク、またはその開発タスクの一部をサードパーティ企業に委任します。通常、このようなアプローチを使用する主な理由は専門能力を持つ専門家の不足、及び/又はソフトウェア開発に必要な人材不足のことです。   その結果、オフショア開発は企業にソフトウェアのビルドの多くの利点をもたらします。   コストの削減: 社内チームがソフトウェアを開発することは困難であり、コストもかかります。それに比べて、オフショア開発のほうが効果的で、コスト削減もできます。それでは、オフショア開発サービスを雇うことは企業にどう役に立つのだろうか。オフショア開発を使用する際に、ITインフラに投資することも、従業員を採用することや雇用やトレーニングなどのことに貴重な時間を費やすることも必要がありません。   オフショア開発はより効果的で費用を節約できます   したがって、ソフトウェア開発を外部委託する場合、同社は運用コストが約30%も節約できます。ソフトウェア開発を外部委託するとき、発展途上国と先進国の間の賃金の違いから利益を得るからです。さらに、専門のオフショア開発チームを採用する際のリスクを減少できます。最終的には、ソフトウェア開発の全体的なコスト削減につながります。   続きを読む:「ベトナムの高品質のオフショアITスタッフィング会社」   豊富な才能と最新テクノロジーへのアクセス: オフショア開発は、企業に、グローバルな基準と品質のどおりに、大量のソフトウェア開発の経験を持つ才能と専門のソフトウェアエンジニアへのアクセスの機会を与えます。   大量の才能と専門のソフトウェアエンジニアへのアクセスのチャンス   つまり、自社開発ではスキルや技術の専門知識を得ることができませんが、オフショア開発会社は、熟練した開発者や最新の技術を提供しています。   危機管理: 「すべての卵を同じバスケットに入れないで」とよく言われています。これは、ポートフォリオを多様化することを意味します。 オフショア開発の場合も、まったく同じことをしています。 ソフトウェア開発に関するリスクの管理に役立ちます。 運用やコンポーネントをさまざまなベンダー間で分割することで、リスクが軽減されます。 そのため、全体的なリスク管理が効果的で優れたものになります。   市場投入までの時間の短縮: すべてのプロジェクトに専任のチームがいるため、オフショア開発で高品質のソフトウェア開発が保証されます。 また、開発プロセスがこれまでになく迅速になり、製品をもっと早く市場に投入できるようになります。   ソフトウェア開発プロセスを迅速化し、製品をより早く市場に投入することを保証   続きを読む:「ベトナムにオフショア開発センターを建設する方法(A-Z)」   オフショア開発はいつ避けるべきですか?   オフショアソフトウェア開発会社の調査が不十分 オフショア開発会社を選択する前に、以前のポートフォリオとプロジェクトを参照することをお勧めします。 その会社が何を専門としているか、何が際立たせるか、そしてビジネスを改善するために何を提供できるかを知るべきです。。 さらに、会社はフィードバックと評価を見て、アウトソーシング会社の信頼性と独創性を知ることができます。 また、アウトソーシング企業のアウトソーシングニーズへのアプローチと、約束することを実現するための優れたレベルを理解するのにも役立ちます。   ビジネスにすべての必要な情報の伝達を限ること […]

ByINNOTECH Jul 8, 2020
ベトナムの銀行のためのEKYCソリューション統合スペシャリスト
ベトナムバンキングのためのEKYCソリューション統合のスペシャリスト

今日のテクノロジー市場では、eKYCはさまざまな分野での多様なアプリケーションのため、すべてのビジネスにとって避けられないトレンドと見なされています。そして、バンキングは、サービス品質の向上、顧客体験の向上、および顧客のすべての問題を最も便利で簡単な方法で解決するという流れから外れていない分野の1つです。そのため、eKYCソリューションは迅速に導入され、顧客識別プロセスに適用され、顧客に優れたエクスペリエンスを提供しました。 この傾向を予測して、ベトナムの多くのソフトウェア開発者も、このソリューションを構築するための機器とテクノロジーへの投資を促進し始めました。ただし、ベトナムには銀行向けのeKYCソリューションのプロバイダーがかなりありますが、スムーズに運営されている銀行向けにこのソリューションを統合できる企業はごくわずかです。   銀行のeKYCソリューションを統合する専門家を選択する基準はどれですか?   1.eKYCサービスプロバイダーからのセキュリティレベル   セキュリティは、銀行がeKYC統合を実装するパートナーを探す前に最初に検討する必要がある重要な問題です。   情報漏えいが多く深刻な結果をもたらすデジタル時代において、顧客情報の絶対的な機密性は、銀行だけでなく、各事業にとって最も重要なことです。 eKYCソリューションをシステムに統合する前に、銀行は、eKYCサービスプロバイダーが悪意のある人物から顧客情報を安全に保護できることを確認する必要があります。   2.eKYCを既存のプロセスに統合する機能   銀行に関するもう1つの考慮事項は、eKYCを既存の銀行業務プロセスに統合することがいかに簡単かということです。多くのテクノロジーモデルをビジネスプロセスに統合すると、時間、人員などの面でビジネスに多くのリソースが必要になります。特に、多くの異なるテクノロジーを統合する場合、企業はスタッフも考慮する必要があります。複数のテクノロジープラットフォームを同時に管理および運用するため。これは複雑で、ビジネスにとってコストがかかり、管理者にとってプレッシャーになる可能性があります。 包括的なeKYCプラットフォームは、ドキュメントの抽出から本人確認まで、顧客識別プロセスのすべてのタスクを実行します。その結果、銀行はテクノロジープラットフォームをビジネスモデルに統合するために必要な時間とリソースを削減できます。単一ベンダーの包括的なソフトウェアソリューションを使用すると、将来の技術サポートと拡張がより簡単になります。   3.eKYCソリューションの安定したパフォーマンス   あらゆる規模の企業で安定して稼働する自動化プラットフォームは、管理上の不安を軽減するのに役立ちます。プラットフォームが安定して動作している場合、システムは、営業時間外、休日、休日を含め、ユーザーからの何千ものリクエストをリアルタイムで同時に処理します。企業はいつでもどこでもオープンドアを所有し、顧客を歓迎しています。当時、満足のいく顧客や従業員も、より高度な専門知識を必要とするタスクに焦点を合わせて、大量の退屈なデスクワークから削減されています。したがって、安定したプラットフォームプロバイダーを選択することは、管理者が検討および理解する必要がある非常に重要です。   InnotechJapan-ベトナムの銀行向けのeKYCソリューションを統合するスペシャリスト   Innotech Japanは、世界中の企業向けのソフトウェア配布で12年以上の経験があります。 Innotech Japanは、企業がデジタル変革を加速し、競争力を向上させ、ビジネスモデルの開発により多くの時間を費やすのに役立つプラットフォームとソリューションの開発に重点を置いています。 Innotech Japanは、銀行業界向けのベトナムにおける主要なeKYCソリューションインテグレーターであると確信しています。 OCR、フェイスマッチング、活性検出、不正検出などの多くの高度なテクノロジーを適用し、より厳格な検証や精度を必要とするサービスなど、銀行により多くのソリューションを提供するために拡張します。上半身。   eKYCプロセスは、銀行向けにInnotechVietnamによって開発されました   eKYCソリューション統合パートナーとしてInnotechVietnamを選ぶ理由   Innotech JapanのeKYCソリューションは、銀行、電子ウォレット、金融貸付などの組織のオンボーディングおよびローン評価プロセスのための高精度で完全にデジタル変換可能です。したがって、Innotech Japanは、お客様のビジネスに最適なeKYCソリューションの開発に同行することができます。 経験。 Innotech Japanは、ACB、UMB、TymeDigitalなどの大手銀行のコアバンキングシステムにソフトウェアを統合した経験があります… 職業。人事チームは、銀行業務と金融業務をよく理解しており、プロジェクトの進捗に迅速に対応します。プロジェクト管理プロセスは安定していて最適であり、InnotechJapanとパートナーの間で簡単に調整できます。 評判。 200万人以上のユーザーがいるモバイルアプリケーションのコンサルティング、展開、および管理の経験。 セキュリティ。国際的な情報セキュリティ基準を満たす。 いつでも準備ができています。ソリューションが利用可能であり、eKYCソリューションのデモが参照用に利用可能です。   InnotechVietnamが開発したバンキングeKYCソリューション eKYCソリューションに適用されるテクノロジー   OCR 光学文字認識(OCR)テクノロジーは、前世紀の90年代に誕生し、世界中の多くの重要な分野で広く適用されています。バンキングは、OCRが今日の自動化テクノロジーを組み込んでいる最大の分野の1つです。銀行でのOCRの使用は、高速かつ大規模なドキュメントのデジタル化に革命をもたらし、大量の管理作業の負荷を軽減しました。InnotechJapanでは、OCRテクノロジーがeKYCプロセスに統合されています。パスポート、IDカード、運転免許証、システム上のエンコードされた情報などの識別可能なドキュメントから情報を抽出します。データ抽出からデータ形成までの全プロセスは3秒以内で完了し、プロセスは完全に自動化され、最大99%正確になります。 検証済みの論文の種類 市民の身元確認のため ID番号、2Dバーコードなどの形式の正確さを確認してください。 […]

ByINNOTECH Nov 24, 2020
顧客を特定する保険会社向けのEKYCソリューション

ベトナムでは、金融取引や銀行取引のデジタル化はもはや人々に馴染みがなく、ベトナムの組織がすぐにロードマップを作成することを要求する避けられない傾向になりつつあります。 流れから外れることなく、保険業界はまた、今日の生活のペースにより良く適合するために、何百年もの間伝統的な運営方法を再編成しています。 これは、保険会社がE-InsuranceClaimをより迅速かつ便利に準備するためのeKYCソリューションの適用です。   金融-eKYCによる銀行のデジタル化の傾向     4.0の時代に追いつくために、多くの異なるビジネス分野がデジタル変革のトレンドにあります   We AreSocialのDigital2020レポートによると、インターネットユーザーとオンライントランザクションの割合は増加しており、急成長を遂げています。 2020年初頭の時点で、ベトナムの人口の最大70%がインターネットに接続しており、昨年の同時期から10%増加しています。これは、顧客のデジタル体験を向上させるために保険事業のテクノロジーへの投資を加速するための前提条件の1つでもあります。 保険業界のデジタル化には、トランザクションのオンライン環境への変換だけでなく、eKYCクライアントの識別プロセスが不可欠である関連するビジネスプロセスも含まれます。保険会社。これは、保険会社が安全かつ持続的に取引を行うためのインプットとしての基本的なプロセスの1つです。同時に、保険に参加する際のカスタマーサービス体験のプロセスを変更します。   eKYCソリューションを適用して、お客様のデジタルエクスペリエンスを強化します   KYC(Know Your Customer)は、多くの企業、特に金融-証券、銀行、などの顧客情報のセキュリティが高い組織にとって、法的に義務付けられている顧客識別プロセスです。保険、… eKYC-オンライン顧客識別は、ユーザーがいつでもどこでも電話やコンピューターを操作するだけで、顧客識別プロセスを簡単に完了できるようにするプロセスです。インターネットがある限り。 保険会社のeKYCアプリケーションの場合、顧客は保険会社のモバイルアプリまたはWebサイトで保険金請求書類を作成できます。これは自動的に評価部門に送信され、電子メールで送信されます。簡単に確認できるお客様の(メール)。 このプロセスの目標は、顧客の利便性を向上させることです。クレームドキュメントの準備プロセスにおけるすべてのクライアント情報も、要求されたプロファイルの入力に時間を無駄にすることなく自動化されている場合。 その時、顧客はID / CCCDの写真を撮るかアップロードするだけです…、システムは自動的に認識し、98%の高精度でOCRテクノロジーによって文字に抽出し、時間を節約します。 E-Insurance Claim Documentの実装は、契約の提出と発行のプロセス全体の時間を節約し、面倒な事務処理を削減するのに役立ちます。   Innotech Japanによって開発された保険および保険文書化プロセス:   さらに、顧客は、問題が発生したときに給付金を請求する過程で保険会社にeKYCソリューションを適用できます。 顧客は完全な記録を作成し、比較のために従業員に送信する必要はありません。 その顧客はそれらを写真に撮ることによってそれらをオンラインで提出することができます。 プロファイルが十分でない場合は、顧客が補足できるように通知を送信します。 顧客の時間を節約するこのプロセスは、保険会社の勤務時間に関係なく、いつでも決済を要求できます。 InnotechJapanによって開発された請求提出プロセス:     今日の市場の保険会社にとって最良のeKYCソリューションは何ですか?   ベトナムでは、Innotech Japanによって開発されたeKYCソリューションは、金融の分野(銀行、保険、複数レベルのセキュリティを備えた証券)でのベトナム市場専用の完全な顧客識別プロセスです。 、サービスプロバイダーと顧客が使用するための利便性を最大化するのに役立ちます。 特にベトナムの現在の法制度に従って。   Giải pháp eKYC do Innotech Việt Nam phát […]

ByINNOTECH Nov 23, 2020
ベトナムで証券サービス口座を開設するためのEKYCアプリケーション

eKYCは、銀行業界で注目を集めているキーワードであるだけでなく、多くの証券会社が現在展開しようとしているソリューションでもあります。 では、証券のeKYCプロセスはどのように展開され、証券業界にとってのeKYCソリューションの長所と短所は何でしょうか。 イノテックベトナムは、以下の記事を学ぶことを勧めます。 eKYCは、証券サービス口座を開設する過程で顧客を特定します。   銀行のekycと同様に、証券のekycは口座開設プロセスに適用でき、OCRテクノロジー、活性検出、フェイスマッチングによってeKYC電子顧客を識別し、証券ビジネスが開設時間を短縮するのに役立ちます。 2〜3日から1日、さらには数時間、数分までの顧客を説明します。   Innotech Japanでの証券サービスのEKYCプロセス:     >>最適なビジネスモデルの適用に関するアドバイスについては、InnotechJapanにお問い合わせください。   eKYCソリューションに適用された新しいテクノロジーにより、顧客はオンラインで簡単にアカウントを作成できます   OCR   光学文字認識(OCR)テクノロジーは、前世紀の90年代に誕生し、世界中の多くの重要な分野で広く適用されています。 バンキングは、OCRが今日の自動化テクノロジーを組み込んでいる最大の分野の1つです。 銀行でのOCRの使用は、高速かつ大規模なドキュメントのデジタル化に革命をもたらし、大量の管理作業の負荷を軽減しました。 Innotech Japanでは、OCRテクノロジーがeKYCプロセスに統合されています。 パスポート、IDカード、運転免許証、システム上のエンコードされた情報などの識別可能なドキュメントから情報を抽出します。 データ抽出からデータ形成までの全プロセスは3秒以内で完了し、プロセスは完全に自動化され、最大99%正確になります。 検証済みの論文の種類 市民の身元確認のため ID番号、2Dバーコードなどの形式の正確さを確認してください。 氏名、生年月日、住所を確認してください。 折り目が付いた折り畳みエッジを検出します。 画像がフォトショップの干渉または偽物であるかどうかを確認します。 マイクロテキスト、ホログラム、レインボー印刷、ギョーシェパターンの検証。 不透明度、詐欺を検出します。 パスポート検証用 マシン読み取り可能ゾーンの名前、生年月日、および有効期限を調べます。 フォント、ホログラム、署名による改ざんを検出します。 パスポート形式の正確さを確認してください。 折り目が付いた折り畳みエッジを検出します。 画像が偽物であるかどうかを確認します。 ホログラムを確認し、虹を印刷します。 不透明度、不正行為を確認してください。 運転免許証を確認するには フォーマットの正確さを確認してください。 折り目が付いた折り畳みエッジを検出します。 画像がフォトショップまたは偽物であるかどうかを確認します。 ホログラム、レインボープリント、ギョーシェパターンの検証。 不透明度、詐欺を検出します。 フェイスマッチング   フェイスマッチングは、顔を使用して個人の身元を特定または確認する方法です。この方法は、写真、ビデオ、またはリアルタイムで人物を識別するために使用されます。 フェイスマッチングシステムは、コンピューターアルゴリズムを使用して、特に人の顔に関する特定の詳細を選択します。次に、目の間の距離やあごの形状などのこれらの詳細がデジタル化され、顔認識データベースに収集された他の顔のデータと比較されます。特定の顔に関するデータは、顔のパターンと呼ばれることが多く、この顔を顔と区別するために使用できる特定の詳細のみを含むように設計されているため、写真とは異なります。その他。 フェイスマッチングは、オンボーディングに特に役立つバイオメトリック手法です。 ほぼすべてのモバイルデバイスには、それをサポートするカメラが組み込まれています。 セルフ(写真/ビデオ)を撮るユーザーエクスペリエンスは、特に直感的で便利です。 98%の精度で顔を認識します。 […]

ByINNOTECH Nov 23, 2020
eKYC-電子顧客識別-銀行の問題
eKYC電子顧客識別銀行の問題

eKYCは、銀行口座の開設の操作を許可する州銀行草案からの情報があるときに、今日ベトナムの多くの銀行機関で検索されたホットキーワードとして電子顧客を識別します2020年5月に直接会う必要があります。Innotech Vietnamに参加して、eKYCを実装する場合の銀行の課題を探ります。   1. eKYCについての学習に混乱しており、口座開設プロセスは完全にオンラインです   オンラインで銀行口座を開設すると、顧客体験が向上します   外国の銀行が実施しているオンライン口座開設手続きを見つけて参照するのは簡単ですが、問題はそれらの銀行に技術ディレクターまたは製品ディレクターを残します。これらのテクノロジーを、リスクを最小限に抑え、セキュリティの安全性を最大限に高めた既存の銀行システムに統合する方法。さらに、eKYCはオンボードプロセス用に展開されるだけでなく、後で銀行で製品およびサービスパッケージの登録プロセス用に展開することもできます。では、スムーズかつ自動的に実行される銀行システムの構造とプロセスをどのように構築できるでしょうか。この問題は、銀行が職業と技術の両方に精通したチームを所有している場合にのみ解決できます。   2.社内スタッフが新しいテクノロジーやプラットフォームに関する知識を欠いている   eKYCアプリケーションテクノロジーに精通したチームが組織にない場合、デジタル変換は組織に圧力をかけます。これは、ソリューションの開発への投資におけるリソースの浪費につながる可能性があり、eKYCソリューションが展開されると、問題は莫大な経済的損失につながる可能性があります。悪い顧客体験はブランドの評判を悪化させます   3.研究と最適化のためのベトナム市場の銀行のためのeKYCに関するいくつかの事例研究。   ベトナムでは、調査および最適化できる銀行のeKYCケーススタディはほとんどありません。   2020年5月に、銀行が対面で顧客の口座を開設するための草案が推進されたばかりであるため、ほとんどのベトナムでは、アイデンティティを実装する銀行はほとんどないか、ほとんどありません。 eKYC電子顧客ID。これは、銀行が市場での先駆的な利点を活用する場合の機会でもありますが、ベトナム市場での事業運営のリスクを予測することは非常に困難であり、近いため、課題にもなります。情報なしとして。   4.展開する信頼できるパートナーを見つけて選択するのが難しい   ベトナム市場では、銀行には次の選択肢があります。 外国のパートナー:eKYCソリューションの統合とコンサルティングを専門とするユニットである可能性があります。また、OCR、フェイスマッチング、活性検出、不正検出などのテクノロジーソリューションのみを提供するユニットである可能性もあります。。。ただし、このグループの場合、法的条件が州銀行の規制および国内市場における専門知識に準拠しているかどうかに注意する必要があります。 国内パートナー:銀行業務に精通し、インフラストラクチャシステムの再構築と安全で安定したデータストレージの計画についてアドバイスできるパートナーを選択することをお勧めします。現在、多くのパートナーがeKYCソリューションを推進していますが、ソリューションの詳細な議論のプロセスと問題の処理方法に基づいて選択を判断します。   5.新しいテクノロジーの運用に対応するための内部プロセスの再構築   銀行が従来の処理から完全に自動化されたeKYCオンラインに移行するにつれて、銀行はこの移行で実行できるHRの再構築とスタッフのアップグレードに取り組む必要があります。組織の文化を完全に変えるには、従業員がタイムリーかつ包括的なテクノロジーにアクセスできる必要があります。これらの変更の準備をしてください。   6.ストレージシステムとシステムの構築と変換のコストは少なくありません。   データストレージ施設への投資コストは非常に高くなります   通常、銀行業界では、顧客の情報の機密性、ハッカーや金融犯罪者の侵入を防ぐためのシステムセキュリティがあります。したがって、デジタルを変換する場合は、銀行が削減に投資する必要があります。多数のユーザーとインフラストラクチャへの投資を伴う顧客データと情報ストレージのレベルは少なくありません。   eKYCソリューションを実装するための信頼できる信頼できるパートナーをお探しの場合は、次の理由からInnotechVietnamが正しい選択です。 Innotech Vietnamチームは、eKYCソリューションと、ACB、TymeBank、Unifimoneyなどのデジタル変革戦略のための銀行インフラストラクチャの再構築に関連するソリューションのコンサルティングの経験があります… eKYCソリューションは、高い安定性とセキュリティを備えて設計され、現在使用されているコアバンキングに統合されています。 eKYCのデモは、オンボーディングプロセスで利用できます。 プログラミングチームは銀行業務と財務の経験があり、プロジェクトの進捗に迅速に対応します。 プロジェクト管理プロセスは安定していて最適であり、InnotechVietnamとパートナーの間で簡単に調整できます。 eKYCソリューションに関するアドバイスが必要な場合は、すぐに情報を残してください。 Innotech Vietnamは、銀行および金融セクターのeKYCソリューションプロバイダーです。 OCRテクノロジー、顔検出、活気検出の組み合わせにより、顧客情報を迅速かつ安全に検証するプロセスを支援します。 さらに、Innotech Vietnam Programmersは、ACB、Tyme Digital Bank、Manulife、Unifimoney、CommonwealthBankなどの銀行機関やFintech企業向けのプログラミングの経験があります。 あなたの会社にソリューションを提供するFintechアウトソーシング会社を探しているなら。 Fintechソフトウェアのアウトソーシングに関するすべての質問については、InnotechVietnamの専門家にお問い合わせください。 […]

ByINNOTECH Nov 24, 2020
FINTECHスタートアップのためのFINTECH開発ソリューションの検索

Fintechの新興企業がFintech開発ソリューションを積極的に探している場合は、技術的なスキルを持ち、市場の複雑さを十分に理解し、規制やユーザーの期待に準拠して適切な製品を構築できるため、Fintechの新興企業は自社の開発を成功させることができます。 製品。 したがって、この成功は、採用しているFinTech開発チームに大きく依存しています。 また、採用する会社がFinTechのニーズに最適であることをどのように確認できますか? 以下の記事を読んでみましょう。   結果指向のマインドセット   Fintech製品の開発を決定するとき、特定の目標を念頭に置いています。 したがって、優れた開発会社は、コミュニケーションの最初から時間とリソースを費やして、ニーズと問題に耳を傾け、それらを詳細に理解し、最終的に強力な競争力をもたらす価値提案を行える必要があります。   FinTech開発会社は適切なビジネスモデルを提供します   Fintech開発アウトソーシングでは、経験則は1つだけです。常に製品に焦点を当て、機密データをサードパーティと共有しないでください。 では、ビジネスに不可欠なデータを共有せずに開発するにはどうすればよいでしょうか。 拡張チームモデルを使用することにより、外部パートナーをFintech開発ソリューションプロバイダーおよびその他のリソースとして使用する新しいタイプのソフトウェア開発アウトソーシング、IT、採用、Fintechへの投資インフラストラクチャおよび専門家。 拡張チームを管理し、タスクを割り当て、マイルストーンの配信と最終リリースを制御するのはあなたであることを忘れないでください。 この場合、すべてのデータを社内で保持し、アクセスを管理してセキュリティを確保できます。   Fintechアプリケーション開発モデルの選択は、fintechスタートアップにとって重要な要素です   FinTech開発ソリューションプロバイダーでは、最終的な採用決定を行うことができます   FinTechの世界では、クライアントはチーム開発者を評価し、チームの最終決定を行うプロセスに関与する必要があります。 社内にコアのFintech開発チームがいて、外部プロバイダーでチームを拡張しようとしている場合。 したがって、ベンダーのリスクを回避するためにいくつかの要素を考慮する必要があります。適切なチームメンバーを選択するようにしてください。 社内に専門知識がなく、Fintechチーム全体をオフショア、オンショア、ニアショアにアウトソーシングしたいと考えている場合。 チームにはFintechコンサルタントが必要です。 彼らはあなたのプロジェクトに不可欠な機能や技術についてアドバイスを与えることができます。 そして、開発者パートナーの才能を推薦して、彼らのスキルとコンピテンシーがプロジェクトの要件と一致することを確認できます。   同社はカスタムFinTech開発プロジェクトの優れたポートフォリオを持っています   Fintechソリューションの開発を成功させるには、熟練した経験豊富なアプリ開発者が鍵となります。 したがって、採用したいチームの能力レベルを確認してください。 常にWebサイトのポートフォリオセクションを確認し、業界または製品に関するすべてのケースストーリー/研究を読んでください。 不明な点がある場合や詳細が必要な場合は、見込み顧客にクライアントの参考情報を尋ねるか、以前のクライアントを確認して連絡し、フィードバックを得ることをためらわないでください。 あなたは彼らが彼らのクライアントに提供した態度の働きと高品質の製品を知ることができます。 さらに、コンサルタントは、法律の顧客データを含む、お住まいの地域でのFintechソフトウェア開発に関する規制をよく理解している必要があります。 それはあなたのビジネスのためのフィンテック開発ソリューションを見つけることの重要な要素です。   紹介状は、フィンテックのスタートアップがパートナーを評価するための重要な要素です   会社は準拠しており、法的枠組み内で機能します   今日のクライアントは、運用とコンプライアンスの透明性を求めています。 州または国の法律に準拠していないFinTech開発ソリューションプロバイダーが評判に重大な影響を与える可能性があるため、規制に従わない、税務上の問題、訴訟がある、または秘密裏の取引に関与しているベンダーとは提携しません。 このため、Fintechの新興企業は、信頼性が高く知識豊富なFinTech開発ソリューションプロバイダーを探す必要があります。 このプロバイダー選択のステップは、あなたとあなたのパートナーの両方にとって特に重要です。 また、開発フェーズが完了して製品を展開したい場合に、余分な手間を省くことができます。   アジャイル開発プロセス   アジャイルプロセスまたは方法は、プロジェクトの統制された管理を促進します。 アジャイルなソフトウェア環境では、ソフトウェア開発要件とソリューションは、部門を超えた開発チームとクライアント内の共同作業を通じて処理されます。 […]

ByINNOTECH Sep 8, 2020
Fintech開発サービスのベトナムの潜在的な市場

ベトナムはますますつながりのある国であり、フィンテック企業の発展に自然に適しています。 若い人口統計、強力なeコマースの成長のおかげで、スマートフォンとインターネットのユーザーの増加は、Fintech開発者にとって大きな潜在的な市場になることにつながります。   ベトナムのFintechスタートアップの状況   一方では、2018年のアーンスト&ヤング(EY)レポートに続き、ベトナムでの取引の90%が現金で行われており、フィンテックスは主に決済サービスの開発に注力しています。 したがって、ベトナムのFintechの新興企業の約47%は支払いのみに焦点を当てており、この地域で最も高い割合です。 2019年9月の時点で、ベトナムには136のフィンテック企業が設立されています。 Casey HynesによるForbesの報告に続き、ベトナムのFintech市場への総投資額は2020年までに78億ドルに達します。さらに、ベトナム政府は、金融技術に関するSBV運営委員会の設立を通じて、「ますます支援的な規制枠組み」を作成しました。   ベトナムには136のフィンテック企業が設立されました。   一方、「ベトナムフィンテックの未来を形成する」会議でのベトナム国家銀行の銀行戦略研究所副局長のファムスアンホー氏の最近のスピーチによると、1億4,300万件を超える電話サブスクリプション、45%があります。 3Gおよび4Gサービス用です。 また、2018年後半にAllied Market Researchが発表したレポートでは、ベトナムのモバイル決済市場は2025年までに70,937百万米ドルに達すると予測されています。特に、モバイルバンキングサービスによる支払いは過去5年間で年間144%に急増しました。 モバイルアプリとデジタルウォレットのトランザクション数はそれぞれ126%と161%と印象的に増加しました。 それは、フィンテックのサービス/製品を開発し、多様化する機会がますます増えていること、そしてまもなく現金以外の経済を創出することを示しています。 ベトナムでは、キャッシュレス決済が反動の余地なく急成長しており、2018年の最初の3四半期に比べて価値が2倍以上になるということが1つあります。   Fintechスタートアップ向けのソフトウェアアウトソーシングを選択するメリット   FinTechの新興企業が成功するには、成長、実行、イノベーションを迅速に行う必要があります。 多くの場合、そうするためのスタッフ、資本、柔軟性、リスク許容度が不足しています。 彼らが新たに資金を調達したとしても、必要なすべてのテクノロジーを社内でゼロから構築することは、経済的またはロジスティック的に意味がありません。 では、FinTechスタートアップは何をすべきでしょうか?   1.イノベーションへのスピード(トップの人材へのアクセス)   デロイトのグローバルアウトソーシング調査2018は、明確なメッセージを送信します。ますます多くの企業がアウトソーシングを使用してイノベーションを推進し、競争上の優位性を実現しています。 2016年から2018年にかけて、デロイトは、革新に伴いサービスを外部プロバイダーに移行する組織の数を20%から49%に増加させました。 イノベーションはフィンテックの本質です。 Fintechの新興企業は、既存および新興のテクノロジー(AI、ブロックチェーン、暗号通貨、IoT、バイオメトリクスなど)の両方を使用して、金融サービスを再考し、革命を起こしています。 彼らの成功と競争上の優位性は、これらのテクノロジーの力を利用するために必要な専門知識を持っているかどうかにかかっています。 彼らはそれをどこで手に入れますか? 経験豊富な一流の開発人材を見つけて、ソリューションの概念化と開発を支援します。 最も革新的でインテリジェントで創造的な開発の才能を持つ人材のみが成功します。   50年間で米国の失業率が最も低いため、その優秀な人材が仕事に支障をきたしているわけではありません。新たに出資した新興企業は、これらの専門家を引き付けるために必要な高額の給与を支払う余裕がないことが多く、結局、経験の浅い専門家が提供することができません。データはこれを何度も繰り返しています。 「全体のCIOは、スキルやその他の人材の不足を成功への最大の障壁として認識しています。」 — Gartnerの2017 CIOアジェンダレポート 「CIOが目的を達成するうえでの最大の課題として、才能は今や世界的に認められています。」 — Gartnerの2016 CIOアジェンダレポート 回答者の53%が「仕事の説明の要件を満たしていない技術者を採用しました」、83%は技術者の不足が「収益の損失、製品開発の遅れ、市場の拡大、または従業員の緊張の高まりによってビジネスに打撃を与えた」と感じていますそしてバーンアウト。」 —確かに2016年12月の調査 ソフトウェア開発の人材をアウトソーシングまたはコソーシングすることで、この成功への障壁が取り除かれ、FinTechスタートアップは次のことができるようになります。 専門の開発者を必要な間だけ関与させます。 FinTechの専門知識と成功を推進するために必要な知的資本を厳選してください。   […]

ByINNOTECH Sep 8, 2020
人工知能とアウトソーシングがバイオプロセシングオペレーションに影響を与える

SynergysBiotherapeuticsのCEOであるRathinDas博士によると、人工知能(AI)は、21世紀のバイオプロセシングのあらゆる側面に組み込まれており、その影響の多くは、その管理方法に依存します。 「その力のために、それは現在、効率と再現性に大きな影響を及ぼしており、それは人員の管理に深刻な影響を与えるでしょう」と彼は言いました。 Dasは、抗血管新生タンパク質で腫瘍を標的とするSynergysを独力で打ち出す前に、慢性疾患の治療用ワクチン(医薬品)を研究および開発する会社であるAffitechの北米事業の最高ブランド責任者でした。 CEOとして、Dasはラボのベンチにはいませんが、ラボの手順を変えた変化をよく知っています。 「今日、感度が大幅に向上しています。 1 µLの血液サンプルはピコモルレベルまで1,000万倍に希釈でき、AIによるロボット自動化により、非常に正確なデータを取得できます」と彼は説明しました。 「したがって、統計的に有意な結果を得るために、それらを平均して、何度も繰り返す必要はなくなりました。」 これは、スタッフがより速く移動でき、より生産的になり、より機敏な労働力で、印象的な節約を実現できることを意味します。 Bioprocessing 4.0を推進するもう1つの大きな変革は、委託製造業者へのアウトソーシングの台頭です。 「20年前、私が自分の研究を委託する方法はありませんでした」とダスは続けました。 「専門知識は単に利用できませんでした。しかし、今日では、高品質のリソース、スタッフ、および機器を備えた、非常に専門的な優れた契約製造組織(CMO)があります。たとえば、私が薬物動態研究を行うとき、私は単に彼らに仕様を与え、彼らは彼らの専門知識を適用します。」 バイオプロセシングの世界には高品質のCMOが数多く存在するため、競争は激しく、Das氏は指摘し、高品質で信頼性があります。 「費用便益分析を行うとき、最良の結果を得るためにサプライヤーを選んで選ぶことができます」と彼は言いました。 Dasにとって、AIアウトソーシングは、研究開発段階、および最終製品に至るまでの上流および下流生産の段階など、バイオプロセシングのすべての段階で正確な管理を可能にします。   Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。 ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。 メール:info@innotech-vn.com

ByINNOTECH Oct 21, 2020
AIと機械学習の専門家にとって最大の機会を持つ国

特典と高給で夢中になっている希少なAIの才能   国や企業が才能のある専門家をめぐって争っているため、世界的なAIスキルの不足はAIスペシャリストにとって朗報です。 人工知能と機械学習の業界は驚異的な速度で拡大しており、世界中の熟練したITプロフェッショナルの需要を急速に押し上げています。 しかし、供給は大幅に遅れています。 2017年の終わりに、中国のハイテク大手Tencentは、世界中に30万人のAI研究者と実践者しかいないというレポートを発表しましたが、市場の需要は数百万の役割でした。 LinkedInの研究者は、昨年、機械学習エンジニアの需要がほぼ1000%増加し、最も需要の高い役割となったと述べ、この主張を支持しました。 AIと機械学習のスキルの不足は、世界的な問題です。キャップジェミニによる世界的な調査によると、55%の組織が、大きなギャップがあるだけでなく、それも拡大していることを認めていました。さまざまな地域から見た場合:米国企業の70%がスキルのギャップを認め、インド— 64%、英国— 57%、ドイツ— 55%、フランス52%などです。 最大かつ最も著名なハイテク巨人でさえ、AIエンジニアの採用の難しさに不満を持っています。 需要は給料をばかげた高さに押し上げました。 New York TimesのAI業界に関する洞察によると、わずか数年の経験を持つ人々は、年間30万ドルから50万ドルの基本給を期待できることがありますが、最高の人は数百万ドルを集めるでしょう。ある独立したAIラボは、深刻な新しいAIプロジェクトを主導する適切なスキルを持った個人は世界中に1万人しかいないと出版物に語った。 ですから、あなたがAIのスペシャリストであるなら、それは気難しい時間です。あなたはあなたが住みたい国、あなたが働きたい会社を選び、そして素晴らしい賃金パッケージを交渉することができます。 AIと機械学習の専門家にとって最も切望されている国のリストは次のとおりです。     アメリカ   AIと機械学習の給与に関しては、米国は世界の他のどの国よりもはるかに優れています。これは、初任給と上級職の両方の給与に当てはまります。 米国のテクノロジー企業は、2020年までに10億ドル以上を、AIの才能をどこからでも入手できる場所から密猟するプロセスに費やす準備ができています。彼らは、世界的な人材不足もあって、平均年収314,000ドルの上級職に就くことを切望しています。 Appleは、2014年以来すでにAIスキルのスペシャリストの数を倍増させており、スキルを探し続けています。他のハイテク巨人も同じ絶え間ない狩りをしています。 キャリアアドバイザリープラットフォームPaysaは、次の総純給与でトップ企業にオープンな役割があることを明らかにしました。 Amazon:$ 227,769,001 Google:$ 130,048,389 マイクロソフト:75,158,057ドル Facebook:38,636,827ドル NVIDIA:34,280,190ドル 世界のテクノロジーリーダーが最高の人材を求めて激しい競争を繰り広げていることは明らかであり、熟練したスペシャリストを採用するために必要なものは何でも支払うことを躊躇しません。 米国の他のトップリクルーターは、Intel、Rocket Fuel、General Electric、Cylance、Oculus VR、Booz Allen Hamilton、Huawei、Adobe、Accenture、iRobot、Magic Leap、Rethink Robotics、BAE Systems、HERE、IBM、Samsung、Lenovo、MoTekTechnologiesです。 、Uber、PCOイノベーション、Rakuten Marketing、WellsFargo。 さらに、この国では2024年までに25万人のオープンデータサイエンスの仕事があると推定されています。     ヨーロッパ   ヨーロッパのすべての国で、デジタルスキル、特にAIと機械学習が不足しています。ベルリン、ロンドン、パリ、アイントホーフェン、アムステルダム、ストックホルムなど、ヨーロッパのすべての主要な技術センターでは、AIスキルを持つ人々に物乞いをする仕事があります。 昨年11月のDispatchesEuropeは、スウェーデンが「Shortage of Talent」リストでトップの座を占めた、デジタル業界の専門家がヨーロッパにいないことを強調する記事を公開しました。ランクによると、スウェーデンは世界の33の高度に発展した経済の中で最も深刻な技術者不足を抱えていました。 ヨーロッパで最も要求の厳しいハイテクの仕事は次のとおりです。 […]

ByINNOTECH Oct 21, 2020
アウトソーシングが企業のAIと自動化の準備にどのように役立つか

世界中でテクノロジーの使用が増えるにつれ、世界はかつてないほど接続されています。テクノロジーの機能は急速に向上しているため、ますます高度なテクノロジーを使用する従業員が増えています。明日のテクノロジーへのこの新たな依存はまた、多くの仕事を自動化させており、自動化された仕事の創出率は、2030年までに10のフロントランナー国で失業以上になっています。テクノロジーは私たちが取り組んでいるものを変えており、組織は真に繁栄するためにこのテクノロジーの操作方法をすばやく学ぶ必要があります。 人工知能、機械学習、ロボットプロセスの自動化など、職場でのテクノロジーの使用の増加により、労働者が現在スキルを持たないソフトウェアを操作し、低賃金のままになるリスクが高まる可能性が高まっています。と不安定な仕事。 企業はAIと機械学習を導入すべきかどうかを慎重に評価する必要がありますが、この記事では、これらの新しいテクノロジーの専門知識が不足している組織にとって、アウトソーシングとニアショアリングを最初に検討する必要がある理由について説明します。 これに照らして、アウトソーシングとニアショアリングは、企業が変化する仕事の要件に適応するのにどのように役立つでしょうか?   AIへのアウトソーシングソリューション   企業は現在テクノロジーを採用していますが、ビジネス上のメリットを享受するためにテクノロジーを組織に適用する方法がわかりません。特にAIの場合、McKinsey and Companyのレポートによると、データの処理から利害関係者とのコミュニケーションに至るまで、人間の相互作用と管理を必要とするアクティビティの約49%は、2030年までに自動化が困難になります。 この人間の相互作用の必要性は自動化の最初の怠慢につながるかもしれませんが、企業は効率を高めて競争に追いつくためにいくつかのタスクを自動化することを選択するかもしれません。 この場合、企業はAIソリューションのアウトソーシング管理について社内の従業員をトレーニングするか、トレーニングを受けたスタッフをアウトソーシングする必要があります。     スマートシティのソフトウェアとインフラストラクチャを開発している企業は、AIと機械学習の進歩に伴い、すでに深い知識を持っていますが、AIの実装を検討している組織の大多数はそうではありません。これらの技術スキルセットをすでに持っているアウトソーシング企業と連携することで、企業は自動化を効率的に実装してビジネスプロセスを改善することができます。 AIと機械学習を専門とするアウトソーシングエンジニアは、組織がさまざまな技術的専門知識を活用できるようにするための優れた方法です。   テーラードアウトソーシング   アウトソーシングとニアショアリングは、すべて企業の特定のニーズに応じて、技術的なスキルセットが必要なさまざまな能力を提供できます。     現在のスタッフを評価し、実装しようとしているテクノロジーに必要な特定のスキルと比較して現在のスキルを評価することで、組織は必要な外部委託の専門家の数を決定できます。個人のチームをニアショアリングすることで、組織がプロジェクトを完全に制御できるようにしながら、組織のチームの能力を高めることができます。 あるいは、企業がより多くのエンジニアを必要とするプロジェクトを持っている場合、完全なソフトウェアチームをアウトソーシングすることで、アウトソーシングされたチームは社内チームの延長として専ら割り当てに取り組むことができます。これにより、特定の知識とスキルでチームの能力が拡張されるだけでなく、開発プロセスがスピードアップします。完全なソフトウェアチームのアウトソーシング アジャイルチームがアウトソーシングまたはニアショアされている場合、アウトソーシングされたエンジニアと開発者は、定期的な検証と適応の段階を導入して、組織の製品またはソリューションを現実の世界でテストできます。このようにして、将来の製品需要を予測する場合でも、組織はプロジェクトを簡単に監視しながら、生産を増やすことができます。チームはアジャイルフレームワークを使用し、外部委託された技術専門家と協力してプロジェクトの目的を注意深く分析し、組織のビジョンを実現するソリューションを設計します。これはすべて、プロセスにおけるビジネス価値の継続的な提供とともに有効になります。 AIや機械学習から暗号通貨や自動運転車まで、新しいテクノロジーが世界に継続的に導入されています。組織がこれらのテクノロジーのいずれかを使用し始めることを決定した場合、外部委託されたチームは、その会社とプロジェクトに不可欠なスキルをもたらすのを助けることができます。 会社の幹部と緊密に連携することにより、組織のテクノロジーに対するビジョンはプロジェクト全体を通じて維持されます。内部チームのトレーニングには費用と時間がかかる可能性があるため、アウトソーシングとニアショアリングは、急速な技術開発の時代に、簡単で手頃な価格の信頼できるソリューションを提供します。   Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。 ソフトウェアアウトソーシング開発に関する質問については、Innotech Japanの専門家にお問い合わせください。 メール:info@innotech-vn.com

ByINNOTECH Oct 20, 2020
Web開発プロジェクトの10の問題とその解決方法

気づきましたか?世界は別の場所です。ビジネスのルールが変更されました、採用、従業員の検索、新しい顧客へのアプローチ、それに彼らはあなたに連絡するため新しい方法があります。規模の経済がへんこしました。巨大な規模で物事を行うにはより費用がかかり、ミクロの規模で実施するには安くになっています。マスマーケットアイテムは魅力を失い、人々はフランチャイズの同一性の世界で本物の個人的なつながりを切望しています。     お客様として、私たちはすべての情報を知りたい。会社の製品が何であるか、それらがいくら、そして私達にそれらを購入するときどのような利益を得るかを知りたいのです。Facebook、Google, Twitter、Yelp、その他の何千ものウェブサイトを通じて、他のユーザーがあなたの会社の製品にコメントしたことを知りたいです。 もちろん、これについても追加で支払いたくありません。   私たちはクライアントの声に耳を傾けてきており、ウェブでの成功を支援するまったく新しい方法を生み出しました。ここでは、Webプロジェクトの一般的な実行方法に関する10の問題を示します。私たちはこれらの問題をすべて経験しましたが、重要なことに、それらを解決する方法を見つけました。     問題1:誰もがそれがいくらになるか知りたいです。       Web開発プロジェクトの予算を決定する必要があります   以前のやり方では、特定のプロジェクトにかかる費用はわかりませんでした。問題の一部は、あなたが何を購入したいのか、または勝利を宣言してプロジェクトを完了するまでにどれだけの細かい作業が必要かが分からないことです。     解決策1:前払い予算に同意する。     達成しようとしていることに対して予算が妥当かどうかをお知らせします。それがタイトな場合は、機能の優先順位付けを支援し、予算が使い果たされる前に重要な機能が最初に実行されるようにします。     問題2:要件が明確に確定されていない。     過去15年間にウェブ開発会社を雇ったことがあれば、完成したサイトの外観と運用方法について非常に具体的かつ詳細である必要があることを学んだことでしょう。プロジェクトの全体的なコストは、いくつかプラットフォームを悪い選択にする最終的には一見マイナーな要件に基づいて大幅に変化する可能性があります。     問題3:ビジネス上の理由で要件を変更する必要がある。     あなたは新しいウェブサイトプロジェクトに参加し、要件が本当に必要ないくつかの重要な機能を無視するか、ソースデータを十分に指定していないことを認識します。 開発者が契約を再交渉して変更の順序を追加する必要があるため、すべての作業を停止しています。 彼らはより多くを支払っていて、プロジェクトが遅れているので、顧客は不満です。開発者は、自分がやっていることをやめ、商売について話さなければならないことに不満を感じています。そのため、これを行わずに作業を投入するだけで、支払いに苦労することがよくあります。     問題4:要件により、より適切なソリューションに変更を防ぐ。     私たちはサイトの構築の途中にあり、別のアプローチまたはプラットフォームを選択した場合、最終結果はクライアントにとってはるかにうまく機能することを理解しています。しかし、現在の開発の道筋をたどってバックアップするのは十分であり、元のアプローチは要件を満たしています。私たちはより良いサイトを提供することに不満を抱いており、顧客は最終的には不格好なサイトになってしまいますが、クライアントに戻って再交渉するよりも簡単です。   ソリューション2、3、4:要件を解く     要件は1つの目的を果たします。要件は、一方の側がもう一方の側からより多くの作業またはより多くの現金を引き出すために使用できる地面の利害関係です。これはほとんど常に恨みを生み出し、小規模なWebプロジェクトではほとんど必要ありません。   誤解しないでください。何が購入され、何が提供されるかについて明確な合意を持つことが重要です。問題は、大量の変数があり、プロジェクトの進行中になるまでそれらの多くが発見されないことです。プロジェクトで考えられるすべての落とし穴を特定するための基礎を作ることは、おそらくプロジェクトの実際の作業の約半分です。ほとんどの場合、それはクライアントが実際の結果なしに行うよりもはるかに多くの投資です。このような性質の「発見プロジェクト」を数多く行ってきましたが、ほとんどの場合、計画よりもはるかに多く発見に費やしました。プロジェクトの残りの部分を獲得できなければ、損失を被ります。つまり、それをカバーするのに十分なだけ料金を支払っているクライアントに請求する必要があるということです。   厳格で迅速な要件を持つ代わりに、お客様が目標を特定し、優先順位でランク付けするのを支援します。以前に完了した構成から始め、予算を使用して、その構成を目標に向けて変更します。     問題5:新しいサイトを立ち上げるには継続することがが必要です。   […]

ByINNOTECH Jun 19, 2020
Webアプリケーションとは何ですか?

定義     Webアプリケーションは、WebブラウザーとWebテクノロジーを利用してインターネット上でタスクを実行するコンピュータープログラムです。   概観   何百万もの企業がインターネットを費用対効果の高い通信チャネルとして使用しています。これにより、目標市場と情報を交換し、高速で安全な取引を行うことができます。ただし、効果的なエンゲージメントは、ビジネスが必要なすべてのデータをキャプチャして保存でき、この情報を処理してユーザーに結果を提示できる手段を備えている場合にのみ可能です。   Webアプリケーションは、サーバー側スクリプト(PHPとASP)を組み合わせて情報の保存と取得を処理し、クライアント側スクリプト(JavaScriptとHTML)を使用して情報をユーザーに提示します。これにより、ユーザーはオンラインフォーム、コンテンツ管理システム、ショッピングカートなどを使用して会社とやり取りできます。さらに、従業員はアプリケーションを使用して、場所やデバイスに関係なく、ドキュメントの作成、情報の共有、プロジェクトでの共同作業、ドキュメントの作業を作成することができます。   Webアプリケーションのしくみ   Webアプリケーションは通常、JavaScriptやHTMLなどのブラウザーがサポートする言語でコード化されています。これらの言語は、プログラムを実行可能にするためにブラウザーに依存しているです。一部のアプリケーションは動的であり、サーバー側の処理が必要です。その他は完全に静的で、サーバーの処理は必要ありません。   Webアプリケーションには、クライアントからの要求を管理するためのWebサーバー、要求されたタスクを実行するためのアプリケーションサーバー、および情報を格納するためのデータベースが必要な場合があります。アプリケーションサーバーテクノロジは、ASP.NET、ASP、ColdFusionからPHPやJSPまでにわたります。   プロジェクトに合ったアプリケーションサーバーテクノロジーを選択する必要があります   典型的なWebアプリケーションの動作は次のとおりです。 ユーザーは、ウェブブラウザまたはアプリケーションのユーザーインターフェースを介して、インターネット経由でウェブサーバーへのリクエストをトリガーします Webサーバーはこの要求を適切なWebアプリケーションサーバーに転送します Webアプリケーションサーバーは、データベースのクエリやデータの処理など、要求されたタスクを実行し、要求されたデータの結果を生成します。 Webアプリケーション・サーバーは、に結果を送信し、Webサーバ要求された情報または処理されたデータを Webサーバーは、ユーザーのディスプレイに表示される要求された情報をクライアントに返します。   Webアプリケーションの例   Webアプリケーションには、オンラインフォーム、ショッピングカート、ワードプロセッサ、スプレッドシート、ビデオと写真の編集、ファイル変換、ファイルスキャン、Gmail、Yahoo、AOLなどの電子メールプログラムが含まれます。人気のあるアプリケーションには、Google AppsやMicrosoft 365があります。   Google Apps for Workには、Gmail、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド、オンラインストレージなどがあります。その他の機能には、カレンダーやドキュメントのオンライン共有があります。これにより、すべてのチームメンバーが同じバージョンのドキュメントに同時にアクセスできます。   Webアプリケーションの利点   ブラウザに互換性がある限り、OSやデバイスに関係なく、複数のプラットフォームでWebアプリケーションが実行されます すべてのユーザーが同じバージョンにアクセスし、互換性の問題を排除 それらはハードドライブにインストールされないため、スペースの制限がなくなります サブスクリプションベースのWebアプリケーション(SaaSなど)でのソフトウェアの違法コピーを削減します ビジネスに必要なサポートとメンテナンスが少なく、エンドユーザーのコンピューターの要件が低いため、ビジネスとエンドユーザーの両方のコストが削減されます。   結論   企業や個人の間でのインターネット利用の増加は、企業の運営方法に影響を与えています。これにより、企業は従来のモデルからクラウドベースおよびグリッドモデルに移行して、Webアプリケーションが広く応用されるようになりました。Webアプリケーションにより、企業は運営を合理化し、効率を高め、コストを削減することができます。 電子メールクライアント、ワードプロセッサ、スプレッドシート、およびその他のプログラムなどのこれらのオンラインアプリは、デスクトップバージョンと同じ機能を提供します。 ただし、複数のプラットフォームに動作し、より広範囲に到達でき、どこからでも簡単にアクセスできるという利点もあります。 Innotech Japan は、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 […]

ByINNOTECH Jun 19, 2020
MANULIFE – InsurTechソリューションのケーススタディ

クライアント   Manulife Financial Corporationは、カナダのオンタリオ州トロントに本社を置くカナダの多国籍保険会社および金融サービスプロバイダーです。 同社はカナダとアジアで「マニュライフ」として活動し、米国では主にジョンハンコックファイナンシャル部門を通じて活動しています。 2018年末までに、同社は約34,000人の従業員を雇用し、82,000人のエージェントが契約しました。 2019年6月30日現在、1.1兆ドル(8,700億米ドル)を超える資産が管理および管理されています。Manulifeは、世界中で2,800万人を超える顧客にサービスを提供しています。 カナダのマニュライフ銀行は、マニュライフの完全子会社です。   ビジネスニーズ   保険分野におけるマニュライフのニーズを満たす革新的なソリューションを開発します。 結果と予測可能な配信にコミットする必要があります。 機能性とUI / UXに対する期待は、便利で便利です。   プロジェクトの課題   厳しい期限内での作業。 問題は、不正確な、欠落している、またはあいまいなシステム要件の仕様から発生する可能性があります。 高性能で安全な製品を調達する必要があります。コードの品質は、開発段階を通して継続的にテストおよびレビューする必要があります。 モバイルプラットフォームの多様性。   ソリューション   これはセキュアなバンキングアプリケーション(iOSおよびAndroid)であり、巨大なエンドユーザーにバンキングサービスを提供します。 アカウント/残高/カードを管理する ローン/貯蓄を管理する PFM(個人財務管理) 送迎サービス 支払いサービス:モバイル料金、チケット(映画、フライト)の予約、水道/電気料金の自動支払い、…-ユーティリティ:QR転送、QR支払い、スナップショット、生体認証、通知など…   技術要件:   Java(Spring Boot、Spring Cloud、Spring Security、Data JPA、Data Elasticsearch)、React Native、React JS PostgreSQL、Elasticsearch、Ehcache Quartz、Docker、Docker Registry、Apache Http Server、Kong API Gateway   実績   連携するための高度な相互作用。 […]

ByINNOTECH Apr 21, 2020
TYMEBANK – 金融ソリューションとクラウドバンキングのケーススタディ

クライアント   TymeBankは、コアバンキングプラットフォームをクラウドに導入した南アフリカ初の銀行です。 TymeBankのシステムの85%は、システムのスケーラビリティ、均一なセキュリティ、およびコスト効率を提供するAWSクラウドアプリケーションです。 TymeBankのテクノロジーの使用とPick n PayおよびBoxerストアとの戦略的関係により、物理的な支店の必要がなくなります。 運用コストの削減と小売店の全国的な存在により、銀行に預けられていない推定1,100万人の南アフリカ人が銀行サービスにアクセスすることを伝統的に妨げてきた障壁が取り除かれました。   ビジネスニーズ   TymeBankのニーズを満たす革新的なソリューションを開発します。 結果と予測可能な配信にコミットする必要があります。 仕事に対する品質と熱意に専念。 顧客のデバイスに必要なスペースが少ないという追加の利点を持つアプリ   プロジェクトの課題   厳しい期限内での作業。 問題は、不正確な、欠落している、またはあいまいなシステム要件の仕様から発生する可能性があります。 高性能で安全な製品を調達する必要があります。コードの品質は、開発段階を通して継続的にテストおよびレビューする必要があります。 Tymebankのオフィスのプロジェクトチーム全体に、セキュリティを第一に考えた確かな精神が存在することを確認する必要があります。   ソリューション   私たちは経験豊富な専門家でTymebankをサポートしてきました。 私たちはTymeBankがクラウドバンキングの目標を達成するのを支援しています。 私たちは最も複雑な問題の金融サービスに対する最も賢い解決策を見つけました ITVは最良のアイデアを実現し、クライアントがそれらの価値をすばやく確認して実現できるようにしました。 次のような高度な言語プログラミングを適用しました: Java(Spring Boot、Spring Cloud、Spring Security、Data JPA、Data Elasticsearch)、React Native、React JS PostgreSQL、Elasticsearch、Ehcache Quartz、Docker、Docker Registry、Apache Http Server、Kong API Gateway   実績   ITVはTymeBankに完全で完全なソリューションを提供しています。 運用費用の削減。 クライアントは私たちに信頼を置いています。 私たちの専任チームは、コアプロジェクトの不可欠な部分になります。 連携するための高度な相互作用。 ITVは、品質保証と開発プロジェクトの両方を最高の品質で競争力のあるコストで含む、Tymebankの応答性が高く、才能があり、専 門的な組織でした。 […]

ByINNOTECH Apr 21, 2020
ACB –モバイルアプリ開発のケーススタディ

クライアント   アジア商業銀行は、しばしばACBと略され、100億ドルを超える資産を有するベトナム最大の民間銀行の1つです。ベトナムの銀行のランキングに関するレポート。銀行はハノイ証券取引センターにACBの記号で表示されています。当行は、預金、法人向けおよび消費者向け融資、貿易金融を含む、消費者向けおよび法人向けの商業銀行サービスを提供しています。また、財務活動、商品ファイナンス、国際決済および決済とともに、銀行間レベルの資本市場および金融市場にも関与しています。   ビジネスニーズ   ACB Bankには、次のような非常に厳しい要件と高い基準がありました。 モバイル性の高いテクノロジーコンテンツで必要です。 24時間365日の稼働システムのサポート 高セキュリティプロセスで必要 その他の要件:  ユーザーデバイスでの機密情報の開示を回避する  銀行のアプリとサーバー間の通信にSSLを使用する  バイオメトリクスや音声(顔)認識などの高度なテクノロジーを使用してセキュリティを強化します。  ユーザーが一定時間操作を行わなかった場合の自動ログアウト(無効にするオプションも提供しない)  開発中のアプリのコードを難読化する。   プロジェクトの課題   以前のサプライヤーは何度も失敗し、プロジェクトも遅れていました。 クライアントは、ワークロードが重いために期限が短すぎました。 クライアントは、システムをテトの休日近くに緊急にリリースするためのマイルストーンを必要としました。 お客様の要件は、高レベルのシステムに関するものです。   解決   これはセキュアなバンキングアプリケーション(iOSおよびAndroid)であり、巨大なエンドユーザーにバンキングサービスを提供します。 アカウント/残高/カードを管理する ローン/貯蓄を管理する PFM(個人財務管理) 送迎サービス 支払いサービス:モバイル料金、チケット(映画、フライト)の予約、水道/電気料金の自動支払い、…-ユーティリティ:QR転送、QR支払い、スナップショット、生体認証、通知など…   技術要件:   Java(Spring Boot、Spring Cloud、Spring Security、Data JPA、Data Elasticsearch)、React Native、React JS PostgreSQL、Elasticsearch、Ehcache Quartz、Docker、Docker Registry、Apache Http Server、Kong API Gateway 成果   熱意と集中力により、期限はテットホリデーに近いですが、プロジェクトの承認証明書を時間通りに引き渡して取得しました。 ACBの顧客は、最小限の画面タップとスワイプで、便利にお金を管理できます。 […]

ByINNOTECH Apr 21, 2020
ベトナムで働くには?ベトナム就職を目指す日本人向け情報まとめ

ベトナムで働く魅力     経済成長が目覚ましい   ベトナムでの仕事を考えている人の中には「日本とは違う環境で働きたい!」と思っている方もいるのではないでしょうか?その期待通り、ベトナムは日本とは全く違う「刺激的な環境」です。 この20年の間に、ベトナムの1人当たりのGDPは約20倍にも伸びています。ベトナムは経済成長が目覚ましい国でもあり、今後ますます経済が発展していく可能性を秘めています。市場の成長によって、企業の業務拡大なども大いに期待できます。 そんなベトナムで働くことは、成長のエネルギーを肌で感じながら国が発展していく様子を目撃できる、めったにない機会と言えるでしょう。   比較的治安が良い   勢いにあふれる国だということ以外にも、食の豊かさや旧市街の街並みの美しさ、観光スポットの多さなど、ベトナムの魅力はたくさんあります。 しかし何と言っても、親日国で治安が比較的よいことは働く上で大きな安心材料と言えるでしょう。 他にも、特に北部のベトナム語は学習しやすいこと、四季を楽しめることなども、ベトナムを働く地として選ぶ大きな理由となるはず。 ただし、あまりにも湿度が高いこと、曇りや雨の日が多いことなど、メリットばかりではないことも書き添えておきます。   ベトナムで働く日本人の多い地域   ハノイ   ベトナムの首都。ホーチミンに比べると若干、経済発展が遅れています。これからの発展を期待でき、働きながらその経済成長を感じられる地域です。   ホーチミン   経済の中心地ホーチミンがあるベトナム南部では地震も台風もなく、テロに関しても2018年1月現在までには問題ありません。 仕事・生活をする上での障害はなく、特にホーチミンのレタントン通りは日本人街として知られています。   ベトナムで働く方法     現地採用で就職する   ベトナムで就職する方法のひとつが現地採用です。現地採用とは、日本企業の現地の子会社や、ベトナム人を社長とする現地法人と、直接雇用契約を結ぶことです。 日本から履歴書などを送って採用が決まる場合と、ベトナムで会社訪問をして採用が決まる場合があります。現地採用の場合、現地の物価をベースに給与が決定されますので、日本にいるときよりも所得が少なくなる傾向があります。 現地採用で就職する場合の仕事内容は、日本語に関わるものがメインとなります。たとえば、日本企業のベトナム進出を支援する、ベトナム人に日本語を教える、日本料理を作るなどです。   日系企業の駐在員になる   日本の企業に雇用されている人が海外に派遣される(赴任する)場合、日系企業駐在員と呼ばれます。日系企業駐在員になるかどうかは、自分で決めることはできません。どこの国に派遣するのか、どれくらいのあいだ滞在するのか、すべて企業が決定します。 ベトナムには、日系企業の工場が多数進出しています。そのため、製造業の工場のマネジメントのために駐在員として派遣されている人が目立ちます。 また、商品の販路拡大のための営業拠点となる海外事務所の所長や所員も増えてきました。流通・電力関係などに参加している商社などが狙い目です。また、最近は日本人向けの賃貸物件を扱う不動産関係の会社も増えているので、日本人の求人も見かけます。 ベトナムに飲食店や小売店を複数出店するとき、それを統括する本部に駐在員として派遣されることもあります。     インターンシップをする                     […]

ByINNOTECH Aug 18, 2020
ベトナムから日本へ。ブリッジSEとしてふたつの国をつなぐエンジニア

  エンジニアの中には、オフショア開発などで海外のエンジニアと一緒に仕事をしたことがあるという人も多いだろう。ますますボーダレスになる開発の世界では、日本で働く外国人エンジニアも増えつつある。今回は株式会社grooo(東京)でブリッジSEとして活躍する、ベトナム人エンジニアヴォ氏にインタビュー。母国から遠く離れた日本で働くことになったきっかけとはなんだったのだろうか。懐かしいゲームタイトルが挙がった、ヴォ氏の学生時代のエピソードに共感する日本人エンジニアも多いのでは?   ハノイ工科大学のHEDSPIプログラムを経て、日本で働くITエンジニアに   現在、25歳のヴォ氏は、東京・恵比寿に本社がある株式会社groooでITエンジニアとして活躍している。ここでの主な仕事は、ベトナムにあるgrooo Internationalの開発チームと東京とのブリッジ役だ。そのほかにもサーバーエンジニアやシステム設計でヴォ氏自らも開発に携わりながら、常時5つほどのプロジェクトを担当している。   ヴォ氏はベトナム中部に位置する、ゲアン省の出身だ。首都にあるハノイ工科大学(ベトナム最初の技術系国立大学)ではICT(Information and Communication Technology)を専攻し、ベトナムと日本が共同で実施するIT 技術者の養成プロジェクト「HEDSPI」に参加した。HEDSPIはハノイ工科大学・日本文部科学省(MEXT)・国際協力機構(JICA)3者の協力で設立され、ベトナムと各先進国(特に日本)の架け橋となるブリッジSEの育成を目標とし、専門知識だけでなく日本語教育にも力を入れたカリキュラムとなっている。HEDSPIの卒業生は、日本と関連があるベトナムのIT企業か、日本のIT企業に勤めるケースが多い。   HEDSPIを修了したヴォ氏は、モバイルゲームの開発会社に就職が決まった。2015年2月に来日し、最初の3か月は研修期間でテトリスを作った。その後、モバイルゲームエンジニア、サーバーエンジニアとしてチームに配属となり、様々なゲームタイトルに携わった。こちらにはヴォ氏のような外国人エンジニアが多かったという。現場ではC++、Scalaを使っていた。来日してから2年ほど、こちらの会社で働いた。その後、現在の株式会社groooに移った。   兄が自作したPC/AT互換機で、ゲームに夢中になった高校生時代   ところでヴォ氏がエンジニアの道を選んだきっかけはなんだったのだろうか。PCとの出会いについて聞いた。   「2005年の頃、高校生だった僕は、毎月発売されるゲーム雑誌にはまっていました。付録のCD-ROMから、自分のPCにゲームをインストールして遊ぶのが楽しかったんです。使っていたPCは兄が自作したPC/AT互換機で、OSはWindowsでした。当時、僕の町にあったPCは兄のものを入れて5台。インターネットはまだなかったので、PCにひたすらゲームをインストールして遊んでいました。今と違って情報が少ない時代でしたが、それが却って興味を掻き立てていたと思います」とヴォ氏は当時を笑顔で振り返る。   当時ヴォ氏が夢中になったゲームは「ディアブロ」「Red Alert」「FIFA」などだった。「ゲームはみな英語でした。英語がわからないと遊べない、そう思って一所懸命英語の勉強をしていました」と語るヴォ氏。きれいな日本語で話すヴォ氏だが、さらに英語のほうが得意だという。   品質に対する意識が異なる日本とベトナム。プロジェクトを成功させるヒントとは?   モバイルゲーム開発会社で活躍していたヴォ氏だったが、3年目を迎える前に新しい挑戦を決意。PCの画面だけをみて黙々と開発を進める仕事ではなく、もっと広い世界をみてみたくなった。転職活動を始めたヴォ氏は、大企業を含む様々な企業と面談を重ね、現在の株式会社groooを選んだ。   「ここならいろいろなことをやれる、いろいろな場面で自分が役に立てるかもしれないと思いました。仕事が多そうなのも転職を決めた大きな理由です。というのもモバイルゲーム開発会社にいたときは、暇な時間があったんですね。暇でいいじゃないかと思われそうですが、仕事を通して毎日スキルアップしたい僕にとって、暇な時間は本当につらかったんです」と当時を振り返る。   現在はブリッジSEとして活躍するヴォ氏に、仕事について聞いた。「日本は開発スピードはゆっくりだけれど、その分きちんと仕上げる。ベトナムは仕上がるのはものすごく早いんですが、あとで問題が発生することが多いんです。ベトナムと日本では品質への意識が違うなと思いました。品質を大切にする日本式の開発を、ベトナム人エンジニアは面倒だと思うこともあると思います。そのためベトナムのエンジニアをマネジメントする際は、時間だけでなく品質の大切さについて説明しています。最近では現地の若いエンジニアを中心に、だんだん日本式への理解が進んできたと感じています」とヴォ氏は語る。国が違えば文化も変わる。「当たり前が違う」ことに対して、お互いにリスペクトすることがプロジェクトを成功させる鍵だとヴォ氏は言う。   いつか自分が得意なITの分野で、人を育てる仕事をしたい   「毎日自分をアップデートすること」を理念にしているヴォ氏は、毎日寝る前に今日学んだことを振り返る。「仕事でも新しい技術でも、なにか新しく身についたものがあるか、ベッドに入ったときにチェックするんです。なにもなかった日はへこんでしまいます」。日々のアップデートを自分に課しているヴォ氏のいまの目標は、AWS認定の上級取得だ。   日本で活躍するヴォ氏だが、将来は母国のベトナムに戻り、IT技術を教える教育事業を立ち上げたいと語る。「まだまだ日本でがんばりたいと思いますが、いまから5~10年くらい経ったら、ベトナムに戻りたいと考えています。もともと人をサポートするのが好きなので、自分が得意なITの分野で人を育てる仕事ができたらいいなと思っています」。   プロフィール   Võ Phi Hùng(ヴォ・フィ・フン) ベトナムゲアン省出身。ハノイ工科大学のHEDSPIを卒業後、来日。現在株式会社groooでブリッジSEとして、ベトナムと日本の架け橋となっている。日本の食べ物で好きなものは鮨と刺身。趣味はサッカー、オンラインゲーム、コーディング。   ソース:SHIFT     Innotech Japan Corporationは、ベトナムでの高品質サービスに焦点を当てたソフトウェアアウトソーシング企業です。 Innotech Japanでは、創造、革新、開発、高度なソリューションに取り組んでいます。 お客様からのすべての要件と期待に応える幅広いソフトウェアサービスを提供しています。 私たちは、世界中の専門的なソリューションとビジネスサービスを通じて、これらの高度なテクノロジーをお客様の価値に変えます。 […]

ByINNOTECH Aug 18, 2020
【ベトナムオフショア開発】ブリッジSEの重要な役割について

オフショア開発において、ブリッジSEはどのような仕事を行なっているでしょうか?   本記事では、ブリッジSEの全体像について解説します。 オフショア開発国の中でも注目されているベトナムのオフショア開発の注意点や費用・他の国との比較については「【保存版】ベトナムのオフショア開発まとめ~メリットデメリット・費用・会社選び~」で解説しています。 目次 [非表示] 1.オフショア開発のブリッジSE(以下BrSE)とは? 2. なぜオフショア開発でBrSEが必要? 3. オフショア開発のBrSEの仕事内容とは? 4. オフショア開発でBrSEに求められるスキルとは? 5.オフショア開発で実施中の困難や苦労は? 6. まとめ 7. 国内エンジニアは高いし、開発を遅らせたくない。そんなあなたへ   1.オフショア開発のブリッジSE(以下BrSE)とは?   BrSEとはその名前の通りに、日本側の企業とオフショア開発先の企業の「橋渡し」であり、両方を繋ぐ担当者といいます。   2.なぜオフショア開発でBrSEが必要?   オフショア開発のような国際的なチームで開発を進める場合、それぞれの国の文化、言葉、時差、価値観などの違いから、お互いを知らずに仕事を進めてしまうと、プロジェクトの進捗や品質などに大きな影響を与えることもあります。 そのため、お互いの情報の橋渡しを行う人が必要になります。この役割を担うのがBrSEなのです。     3.オフショア開発のBrSEの仕事内容とは? 発注者の案件対し、          プロジェクトの計画の立案          仕様書の徹底理解・展開          プロジェクトの進捗状況・リスク管理 納品の期間・品質の管理などが挙げられます。 つまり、日本側の発注者と現地オフショア開発チームとの間に立ち、様々な面でのプロジェクト管理を担うということです。   4.オフショア開発でBrSEに求められるスキルとは?   BrSEには、一般的なSEより様々なスキルが求められます。 ・技術・開発の全般に関する知識:開発する際に、SEとしての技術や開発関係の知識は 必須です。BrSEが技術を詳しく理解していなければ、発注者とチームに情報伝達ができず、スムーズに仕事ができないと思われます。 ・コミュニケーション能力:日本側発注者とのやりとりを行う為、日本語能力は必須です。それに加えて、高いコミュニケーション能力も重要となっています。両方の要求や希望などを正確に伝えることが求められ、また、両国の文化や国民性を深く理解する意欲と行動力が必要となります。 ・マネジメント力:計画の通りに仕事の進めるための調整、プロジェクトの進捗や品納 期を管理も、BrSEの大切なスキルの1つです。なので、管理の経験があれば、プロジェクトを進めやすいでしょう。 それ以外にも、根気強さ、ビジネス分析・交渉の能力、柔軟性なども重要だと言えます。   5.オフショア開発で実施中の困難や苦労は? […]

ByINNOTECH Aug 18, 2020